最新記事

米外交

駐ロシア米大使の過激なツイッター外交

ツイッターで夜遅くまで独裁批判を発信するマクフォール大使は民主活動家の人気者だが

2012年7月20日(金)14時10分
アンナ・ネムツォーワ(モスクワ)

反独裁 マクフォール大使はプーチンの目の上のたんこぶ Sergei Karpukhin-Reuters

 今年1月にロシアに着任したマイケル・マクフォール米大使はスタンフォード大学の学者出身。自ら「外交官としての話術はまだ完璧ではない」と語る。

 マクフォールの発言は既にロシア政府を怒らせ、外交のプロとして失格との批判を浴びた。だが独裁的な政治手法に反対する姿勢から、ロシアの民主活動家の間で彼の人気は高い。

 マクフォールはオバマ米大統領のために米ロ関係「リセット」政策を構築した立役者の1人。アメリカはこの政策で、何年もの間に生じた両国間の緊張を解消することを狙った。

 雪解けは進んでいるように見えた。だが今年5月、ウラジーミル・プーチンが大統領に再任し、モスクワで大規模な反政府デモが起きると風向きが大きく変わった。マクフォールは着任早々、難しい状況に直面させられた。

 彼がロシアの民主活動家の訪問を受けたのは、着任後1カ月もしないときのこと。ロシアの体制側メディアは、マクフォールは反政府勢力と陰謀をめぐらしていると非難した。

 それ以来、マクフォールに対するプーチン派の攻撃は激化する一方。マクフォールは電話が盗聴されたり、ツイッターと電子メールが不正工作の標的になっている可能性があると述べた。

 マクフォールは5月、ロシアがキルギスに賄賂を贈って同国内の米軍基地を閉鎖させようとしたと発言し、さらに緊張が激化。ロシア外務省は、アメリカも賄賂を贈ったと反撃した。

 マクフォールの率直さはロシア政府を怒らせたが、民主活動家と若者には称賛された。彼はツイッターを利用して、時には夜遅くまでメッセージを発信している。結束の固い反政府勢力の人々の間で、マクフォールはネット上のスターとなり、真の21世紀型外交官となった。

 マクフォールはロシア政府の非難に「対応する必要はない」と言ったが、放置し続けるわけにはいかないだろう。プーチンは反政府勢力指導者の抑圧のために強硬姿勢を取り始めた。内戦状態を呈するシリア問題への対応でも、アメリカとロシアの意見の食い違いが目立つ。

 先日、大規模な反プーチン集会が開かれた際、ツイッターでマクフォールの「つぶやき」はあまり聞かれなかった。だがマクフォールのファンも批判者も、彼の沈黙が長く続くはずはないという点では同意見だった。

[2012年6月27日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

独フランクフルト空港、環境活動家の妨害で一時運航停

ビジネス

キヤノン、通期23%営業増益に引き上げ 売上高は過

ビジネス

株式市場、引き続き緊張感持って動向を注視=林官房長

ビジネス

午後3時のドルは152円前半まで下落、2か月半ぶり
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中