最新記事

米軍

ママ兵士、アフガン派遣の試練

オバマの「3万人増派」で前線に送り込まれる兵士の中には幼い子供を抱える女性もいる。厳しい任務と家庭の両立に悩む彼女たちの選択は

2009年12月14日(月)17時37分
キャシー・デベニー(米国版副編集長)

増派の陰に イラクとアフガニスタンで死亡した女性兵士は現在124人に上る(写真はアフガニスタンの米空軍基地、08年11月) Ahmad Masood-Reuters

 マンディ・ボラー(34)は高校生のときから軍隊に入りたいと思っていた。98年にウェストポイントの陸軍士官学校を卒業した後は韓国に駐留し、そこで現在の夫と出会う。胸躍る経験を求めて前線への配備を願っていた彼女は9・11テロ後、陸軍大尉として国防総省に勤務し、イラクに2回派遣された。2回目のイラク駐留後、ボラーと夫は子供を持とうと決めた。

 来年1月、少佐に昇進したボラーは再び前線に配備される。今度はアフガニスタンだが、これまでより準備に手間取っている。ボラーと、同じく陸軍少佐の夫の間には4歳の娘がいる。そして、彼女の夫もアフガニスタンに派遣される予定だ。「とても重荷に感じている」と、ボラーは言う。「でも自分が行かなければ、他の誰かが家族を残して行かなければならない」

 12月1日、バラク・オバマ米大統領が士官候補生を前にして3万人の兵士をアフガニスタンへ追加増派すると発表したとき、聴衆に女性が多いことに私は驚いた。そして先週、増派される兵士の招集が初めてかかったとき、ボラー少佐のような女性たちはどう準備しているのかと考えてしまった。

 仕事と家族のバランスを取るのはいつだって難しい。長期に渡る前線への配備(標準で1年間)がたびたびあるとなれば、その困難さは想像を絶するほどだろう。民間企業で働く母親としての私には、軍隊勤務の母親がどれほど厳しい選択を迫られるのか見当もつかない。

 わが家のベビーシッターが病気のとき、私は自宅で仕事をするというわがままが許される。一方で11月には、アフガニスタンに配備されるシングルマザーが出発日に姿を現さず、米軍に逮捕されるという事件があった。生後10カ月の息子を世話してくれる人が見つからなかったためだ。

 現在、イラクとアフガニスタンに駐留する米兵の11%を女性が占めている。イラク・アフガニスタン退役軍人会によると、そのうち40%以上に子供がいる。また01年以降、3万人のシングルマザーが派兵されている。女性が戦闘に配備されることはないが、危険な任務であることに変わりはない。12月時点で124人の女性軍人がイラクとアフガニスタンで死亡している。

 自分は幸運なケースだと、ホラーは言う。家族は協力的だし、夫も娘の面倒をよくみてくれる。そしてボラーは幸運にも、これまではアメリカ国内で勤務してきた(米軍は出産した女性に6カ月の配備猶予しか与えてない)。

 今回のアフガニスタン派遣に際して、ボラーと夫はある選択を迫られた----2人の派遣時期をずらして約3年間別々に暮らすか、娘を残して同時期に赴任するか。そして同時期に赴任するほうを選んだ。その間、娘はテキサス州南部にいるボラーの両親と暮らす。

 まだ幼い娘は、母親の配備先がアフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)だとは理解していない。しかし両親がときに銃を携えることは知っている。「私たちが兵士だってわかっている。ママたちは問題を解決しに行くのよと娘には説明していて、彼女もそれを理解している」と、ボラーは言う。「アフガニスタンで暮らす男の子や女の子を助けるんだって教えてある」

 ボラーは娘にアフガニスタンの地図を見せ、誕生日には一緒にいられないが来年のクリスマス後には帰って来ると説明した。毎週家に電話をかけ、ときどきビデオチャットが出来ればいいと考えている。夫婦は娘の世話について細かな指示を書き残し、遺言を新しくし、遺志についても文書にした。「私たちに万一のことがあったら、両親が娘の面倒を見てくれる」と、ボラーは言う。

 出発の準備は万端だとボラーは思っている。娘は既に両親の家に移り、保育園に通っている。これまでのところ別居生活はうまく行っているようだ。「でも毎日、娘を抱き締めてさよならを言う日のことを考えてしまう」と、ボラーは言う。「自分はどんな顔をするのかなって。親が泣くところは見せたくないけど」

 いつか彼女にとって、軍隊の仕事が重荷になるときがくるのだろうか。しかしボラーは、別の生き方なんて想像もできないと言う。良き母であり、良き軍人でいられると考えている。

 そんな彼女を私も信じている。その強い義務感と、娘のために世界をより良く変えていけるという信念をうらやましいと思う。でも、彼女が抱える別れの感情はうらやましいとは思わない。これから一年間、私は娘をベッドに寝かしつけるたびにボラー少佐を思うだろう。そして、彼女が同じ事を娘にしてあげられる日を思うだろう。

ニュース速報

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

ワールド

ミネソタ州黒人死亡、殺人容疑で元警官訴追 検察「最

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月