最新記事

アメリカ

「拷問」に曲を使われたアーティストたちが
使用料を請求へ?

エアロスミス、レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン、ジェームズ・テイラー、トゥパック……、情報公開請求でテロ容疑者への拷問に曲が使用されたミュージシャンはさらに増えそうだが、軍幹部が選曲に関わっていたとの疑惑も

2009年11月6日(金)17時30分
クリスタ・ギサマン

とんだ迷惑 エアロスミスの曲もテロ容疑者への拷問に使用されたとみられる。ボーカルのスティーブン・タイラー(写真)も怒り心頭?©Reuters

 ブリトニー・スピアーズやナイン・インチ・ネールズの曲、はたまた猫の餌のCMソングを何時間も聴き続けたら頭がおかしくなるだろうか? 米軍の将校たちがイラクやアフガニスタン、キューバに収容されているテロ容疑者に音楽を聞かせたのは、まさにそれをねらってのこと。独立系調査機関のナショナル・セキュリティー・アーカイブは情報公開法に基づいて10月22日、米陸軍や中央軍、国防総省情報局(DIA)やCIA(中央情報局)など複数の政府機関に、拘束や尋問中に使用された音楽の録音や報告書の開示を請求した。

 開示請求の対象は20。いずれも、キューバのグアンタナモ米海軍基地テロ容疑者収容所施設で「騒々しい」音楽を使用したことが記されているものだ。ある収容者は、睡眠を奪う目的で、耳が聞こえなくなるような大音量でエミネムやメタリカの音楽を何時間にもわたり聴かされたと主張している。エアロスミスやジェームズ・テイラー、トゥパック・シャクールといったアーティストの曲も使われた可能性がある。

 当然のことだが、名前の挙がったミュージシャンの中には、拷問の可能性を指摘されている高度な尋問方法に、自分たちの音楽が使用されたことを快く思っていない者もいる。レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのギタリスト、トム・モレロはショックを隠さない。「グアンタナモはディック・チェイニー(元副大統領)が考えたアメリカの姿かもしれないが、それは俺の考えるアメリカとは違う。自分が製作に関わった音楽が、非人道的犯罪に使われていた事実に胸くそが悪くなる」との声明を発表した。

 オルタナティブ・ヒップホップグループのザ・ルーツも後に続いた。「グアンタナモで囚人を殴ったり、足かせをする拷問に自分たちの音楽が使われていたと知ったときは、頭にきた。ディック・チェイニーの戦争に自分たちの曲が使われるくらいなら死んだほうがマシだ。他の人間を拷問するのに使うなんて許せねえ」

ノリエガ将軍も大音量の音楽で降伏した実績

 それにしてもテロ容疑者の精神をおかしくさせるための音楽を、尋問担当者はどうやって選んだのか。情報開示請求書を草案したナショナル・セキュリティー・アーカイブの上級アナリスト、ケイト・ドイルは、以前にも同様の目的で使われた楽曲を選ぶよう軍幹部が指示していたと考えている。ドイルはそれを裏付ける資料として、パナマのマヌエル・アントニオ・ノリエガ元将軍が1990年に米軍に逮捕された後の文書に言及した。ノリエガは逮捕を逃れるためにバチカン大使館に逃げ込んだが、米軍の幹部らが大音量のスピーカーを運び込み、ビリー・アイドルといったロックからニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのようなポップスまで、幅広いジャンルの音楽を流し続けた。ノリエガを音であぶり出して降参させようという作戦だ。思惑通り、10日後に彼は降伏した。

 さまざまな証拠が集まれば、政府がミュージシャンに行動の対価を支払う必要性が生じる可能性もある。ミュージシャン側は裁判で、曲が使われた回数に応じた使用料を請求できるかもしれない(すでに裁判の準備が進んでいるとの噂だ)。ただし収容所での使用が、個人的な使用だったか、公共の目的で使用されたかの解釈がカギになる。後者の場合は著作権侵害に当たる。またアメリカの著作権法がキューバでの使用にも適用されるのか、の判断も裁判官にゆだねなければならない。

 これまでに機密情報扱いが解除された文書にはテロ容疑者や収容所の警備員などの証言が盛り込まれており、ナショナル・セキュリティー・アーカイブが情報開示請求に含めるミュージシャンのリストを作る際に役立った。政府が回答をする頃までには、ミュージシャンのリストはさらに増えるだろう。政府の回答によって、尋問や拷問的手法に使われた具体的な曲名も明らかにされるはずだ。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月