最新記事

テクノロジー

ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

ネットビリオネアが牽引する21世紀の宇宙探検

<アポロ11号の月面着陸以降、予算削減のために停滞した宇宙開発を牽引するのは、今やネット事業で巨万の富を得たビリオネアたち> アポロ11号が

2018.04.13
中国経済事情 丸川知雄

米中貿易戦争が起きたら、漁夫の利を獲りに行け

<報復合戦がエスカレートすれば世界経済縮小の危機だが、ドイツや日本がこの危機をチャンスに変えれば、米中も我に返るだろう> ドナルド・トランプ

2018.04.13
クールジャパン

安倍政権、漫画村などの海賊版サイトにブロッキングを検討 憲法違反の疑惑残しつつ

2018.04.13
ソーシャルメディア

フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

2018.04.12
感染症

風邪に「機内で感染」は心配無用?

[2018.4.10号掲載]

2018.04.10
育児

子供の寝かしつけ 専門家の意見が一致する一番の方法は?

2018.04.09
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

りんながAIスピーカーでしゃべりだす!?マイクロソフトが新技術発表

AI新聞からの抜粋 Microsoftの女子高生AIりんな。今のところLINEなどのメッセージング上で文字の対話しかできないが、今後半年以内

2018.04.09
育児

赤ちゃんは痛みを感じない、と30年前まで考えられていた

2018.04.06
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AIクラウドの覇者が史上最大の企業になる!?

AI新聞からの転載 マサチューセッツ工科大学のオウンドメディアMIT Technology Reviewは、「How the AI clou

2018.04.06
整形

セルフィー人気で鼻の整形が増えたわけ

[2018.3.20号掲載]

2018.04.04
テクノロジー

金融界が期待するブロックチェーン技術 米国で「夢と現実の差」露呈

2018.04.02
超高齢化社会

アニメ大国ニッポンは介護もロボットで 高齢化する世界をリード

2018.03.30
SNS

フェイスブックは個人情報悪用の張本人

2018.03.29
個人情報

ビッグデータ分析で世界の選挙を左右する「ケンブリッジ・アナリティカ」ってどんな会社?

2018.03.28
投資

LINE、仮想通貨に続く金融サービス 野村と提携でアプリ内株式売買へ

2018.03.28
臓器移植

遺伝子改変ブタでヒトの臓器を提供

2018.03.28
人体

冷凍保存で人間は不死身になれる?

2018.03.27
情報セキュリティ

フェイスブック個人情報流出で、テスラとスペースXが公式ページを削除

2018.03.26
マンハッタン女疾風録 肥田 美佐子

超格差を生む「ギグ・エコノミー」残酷物語――FB共同創業者が救済策を提案

<アメリカ人の半数は400ドルの臨時支出も賄えない崖っぷちで暮らしている。ならば「低所得世帯に月額500ドルの給付金を与えよう」と、フェイス

2018.03.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アジアで急成長するフィンテックと日本の役割

<フィンテックで日本は出遅れていると言われるが、各国ともまだまだ混沌としているのが現状で、これから日本が国際標準のイニシアティブを取る可能性

2018.03.20

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE-

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年1月
  • 2008年7月