最新記事
AI

AI画像が世界的コンテストで入賞...作者が気付いた、人間としてのアーティストの重要性

“I Won With AI Photos”

2023年5月25日(木)12時50分
ボリス・エルダグセン(写真メディアアーティスト)
ボリス・エルダグセン

ボリス・エルダグセン REUTERS/Fabrizio Bensch

<AIを使ったアート制作の「監督」は人間であり唯一無二の存在である私だ>

私が1年前にAI(人工知能)を使い始めた頃は、1枚の画像を生成するのに20分かかった。今ではクリックしたら5秒でできる。この1年でオンラインツールの数は一気に増えた。ビッグバンが起きて、さらにノンストップで加速しているかのようだ。

【画像】AI生成画像『The Electrician』が世界的コンテストで入賞

1989年から写真を始め、2000年からメディアアーティストとして写真を撮り続けている私は、AI画像ジェネレーターが大好きだ。AIを使うと、物質的にも環境的にもあらゆる制約から解放される。

AIはアクセラレーターとして、私の経験を発展させる。監督は私だ。私が作品の方向性を決め、選択をする。

写真を撮るとき、私は常に偶然の要素を大切にする。しかし、AI画像ジェネレーターの提案にも同じような驚きがある。テキストプロンプト(文章)を使った画像生成で私は道案内役を務めながら、AIの意外な提案に対し、時には「これをもっとやろう」「これは控えめにしよう」と言葉で応答する。

アートの世界でもっとAIを活用しようと主張してきた私は、写真コンテストはAIを使った応募の可能性に気が付いているのだろうかと思った。そして、自らAIで生成した画像で「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード2023」に応募した。

私としては、ハッカーがシステムの弱点を試すような感覚だった。コンテストを悪用するつもりはなかった。AI画像について真剣に考える必要がある分野だと、問題提起をしたかったのだ。

昨年9月、私はオープンAIが開発した画像生成AI「DALL-E(ダリ)2」を使って、モノクロ作品『The Electrician(電気技師)』を作った。これは私の「偽の記憶」シリーズの1つだ。

公開討論会を提案したが

どのような画像にするかを説明するテキストプロンプトは長くて複雑になり、そこには私の知識が含まれる。

例えば、ピザの写真が欲しいなら、画像ジェネレーターにピザという単語を入力するだけでも、後はマシンがやってくれる。

しかし、そこに「ポラロイドカメラかデジタル一眼レフカメラ、あるいは監視カメラで撮ったピザの写真が欲しい」と付け加えることもできる。トマトとバジルのピザと、具体的な指定もできる。おいしそうに見える、焦げている、まずそうに見えるなど、感情的な要素もある。

ピザを特定の角度から見下ろしているのか。ピザは皿の上にあるのか、床に落ちているのか。光はどこから当たっているか。明るい色か、ビンテージ風か、夏色、それとも冬色にするか──。

実際に入賞するとは考えもしなかった(注:23年3月に一般応募クリエーティブ部門で最優秀作品に選ばれた)。だから、正式発表の前に主催者に真実を伝えた。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中