最新記事

健康

頭痛やめまい、「これ病院に行くべき?」はネットじゃ分からない

2018年9月5日(水)17時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Metamorworks-iStock.

<何らかの体調不良や症状が出たとき、多くの人はまずネットで調べるだろうが、それで症状の原因を突き止めるのは難しい。救急車を呼ぶべきか、病院に行く必要はないのか。複数のチェック項目に答えることでその判断ができるという本が出版された>

総務省によると、2017年の救急車の出動件数は634万2096件、搬送人数は573万5915人で、いずれも過去最多を記録した(速報値)。高齢者の急病やケガが増えていることが大きな要因だが、なかには不要不急の要請も多く、救急車の適正利用が呼びかけられている。

そうは言っても、突然これまで感じたことのない頭痛がしたり、めまいや立ちくらみに襲われたりしたら、誰しも「もしかすると深刻な病気かも?」といった不安に駆られるもの。だが、病院で長時間待った挙げ句、何でもなかった......といった経験をしたことのある人もいるだろう。

『その症状、すぐ病院に行くべき? 行く必要なし?――総合診療医・山中先生がつくった家庭でできる診断マニュアル』(山中克郎・著、CCCメディアハウス)は、そんな徒労をなくし、同時に、深刻な病気になるかもしれない徴候を自宅で確認できるようにしてくれる一冊だ。

質問によって症状を絞り込む

最近では、何らかの体調不良や症状が出たときに、多くの人がまずすることと言えば、インターネットで調べることだ。あらゆるサイトに「こういう症状は、こんな病気の可能性が」といった情報が溢れているため、それを見て心配になり、救急車を呼んだり病院に駆け込んだりすることになる。

だが、ネットの情報だけで症状の原因を突き止めることは難しい、と著者の山中医師は言う。山中医師は現在、長野県の諏訪中央病院総合内科に勤務しているが、テレビなどでも広く活躍している「総合診療医」だ。

総合診療医とは、「Subspecialty(専門分野)を持った上でどのような疾患にも対応し、未診断症例には速やかに正確な診断を行い、速やかな治療を行うことができ、場合によっては患者のことを考えた専門医との連携を円滑に行うことが出来る医師」(日本病院総合診療医学会より)。

つまり、どんな病気でも診断してくれ、適切な指示をしてくれる、患者にとっては非常にありがたい存在だ。「未病」と呼ばれる、病気になる前の体の不調にも対応できる医師として、総合病院や地域の病院などに求められるようになっている。

例えば、頭痛について検索してみると、「突然起こった激しい頭痛は危険」と書かれているサイトは多くあるが、山中医師によれば、頭痛で病院に来る人のほとんどが「突然痛くなった」と言うらしい。では、急に頭が痛くなった場合はすべて本当に危険なのかと言えば、そんなことはない。

そこで医師は、「何をしていたときに痛みが生じたのか」「5分以内に痛みが最大になったか」「熱はあるか」といった質問をしていくことで原因を絞り込む。それによって症状の緊急性も分かり、適切な診断が下せるのだ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月