最新記事

サイバー戦争

ランサムウエア「WannaCry」被害拡大はNSAの責任なのか

REPORT Who Is Really to Blame for the WannaCry Ransomware?

2017年5月16日(火)18時35分
エリアス・グロル

マイクロソフトのブラッド・スミス社長兼最高経営責任者は日曜、「政府がソフトウエアの脆弱性を秘密にしているのは問題だということが改めて示された」と、ブログに書いた。「世界中の政府はこの攻撃を警鐘として受け止めるべきだ」

人権擁護団体も概ねマイクロソフトと歩調を合わせる。アメリカ自由人権協会会員のパトリック・トゥーミーは声明で、「ソフトウエアの脆弱性は自国の情報機関だけでなく、世界中のハッカーや犯罪者からも悪用されかねない」と述べた。

【参考記事】日本の「ホワイトハッカー」育成センター、その実態は?

スミスは2月、重要インフラやテクノロジー企業を標的とした国家によるサイバー攻撃を禁止する「デジタル版ジュネーブ条約」の締結を呼びかけた。各国政府がソフトウエアの脆弱性を敵対国へのハッキングに転用するのを禁じ、脆弱性の発見後速やかにソフトウエア開発企業に知らせる義務を負わせる。それにより、マイクロソフトのような企業は対応するパッチ(修正プログラム)をいち早く提供できるようになる。

3年前にサポートをやめた責任

だが、マイクロソフト側にも「不都合な真実」がある。同社はシャドー・ブローカーズがエターナル・ブルーを公開する1カ月前に対応するパッチを公表したが、それでもランサムウエアの感染拡大は止められなかった。では、マイクロソフトはどうしてエターナルブルーの存在を知ったのか。マイクロソフトもNSAも認めていないが、コンピューターの専門家は、NSAはハッキングツールの流出に気づいた時点で、マイクロソフトに警告したものと見ている。

対策が間に合わず感染が広がったのには、様々な理由がある。イギリスの国民保健サービス(NHS)の場合、かなりの台数のコンピューターでマイクロソフトが2014年にサポートを打ち切った「ウィンドウズXP」を使っている。全世界の5~10%のコンピューターは今もXPを使用しているが、マイクロソフトはすでにプログラムの更新を止めていた。同社は土曜日、慌ててXP対応のパッチを緊急リリースした。

責任の一端は、システムを更新しなかった利用者やIT関係者にもある。だが様々な理由で、システムの更新自体が困難な問題を引き起こすのも事実だ。例えば先日、米アップルが提供したソフトウエアの更新では、iPad Proが起動しなくなった。月曜に中国でWannaCryへの感染が広がったのは、中国で人気の海賊版ソフトウエアは更新サービスを受けられないからだ。

ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月