最新記事

環境

東京から生まれる、森林資源の好循環

2021年12月15日(水)11時00分
※TOKYO UPDATESより転載
森林資源

NurPhoto/Getty Images

<全国各地の木材が使われた選手村ビレッジプラザ、国産木材をふんだんに使用した新国立競技場、日本の「木の文化」を表現した開会式のパフォーマンス......。一年遅れで開催された東京2020大会は、「森の国・ニッポン」を世界に知らしめる機会となった>

全国63の自治体から提供された木材

新型コロナウイルス感染防止のため、厳戒態勢下で行われた東京2020大会。各国の選手が東京で過ごす期間、その生活を支えていたのが東京都中央区に設けられた交流施設「選手村ビレッジプラザ」だ。

選手村ビレッジプラザは5棟の木造の施設から成り、カフェや郵便局、クリーニング店、美容室、メディアセンターなど、さまざまな目的で利用されていた。

この施設に使われていた木材は、全国63の自治体から無償で借り入れがされたもの。そのなかには、東京都の木も含まれていた。実は東京都の面積のおよそ4割が森林で、古くから林業が盛んだったのだ。

これまでの大会で選手村に使用された建物や仮施設は、大会後に取り壊されることが多かった。しかし、今回のビレッジプラザは木材をパズルのように組み合わせて使用することで、大会後に木材を解体し、各地に戻すことで再利用を促す計画になっていた。なぜなら木は加工された後も長期間にわたり炭素を蓄えることができ、地球温暖化の対策として重要な役割を果たすからだ。

各自治体への返却は2022年2月までに随時行われるという。木材には、「多様性と調和」を表現する大会のエンブレムをあしらった焼き印が押されている。各地に戻った木材が東京2020大会を語り継ぐきっかけになるとともに、木材の再利用が活性化されることで、2050年までに世界が目指す「脱炭素社会」の実現にも一役買うことは間違いない。

「環境」と「持続可能性」が重要なテーマとなった本大会。ビレッジプラザの木材も東京2020大会が残すレガシー(遺産)のひとつになるだろう。

tokyoupdates211215_2.jpg

Clive Rose/Getty Images

日本建築の技術が応用された新国立競技場

本大会では、ビレッジプラザ以外にも日本の木材や木造建築が活用された。代表的なものはメインスタジアムとなった新国立競技場だ。

新国立競技場には随所に木材や緑が使用され、自然の恵みを生かした緑豊かな建造物となった。明治神宮外苑の自然とも調和し、「杜のスタジアム」とも呼ばれている。建造には日本建築の特徴である軒庇を使用。日射しを和らげて風の流れを促し、空調設備を必要としないというエコロジーな仕組みになっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、ロシアへの弾道ミサイル提供疑惑を否定 「国

ワールド

イスラエル入植活動は「国際法違反」、米バイデン政権

ワールド

スイス、ウクライナ和平会議を夏までに開催 国連総会

ワールド

年内利下げ、適切な公算 単月の好調データで軌道変わ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 8

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 9

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 10

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中