最新記事

ゴルフ

緊張感あふれる1億円争奪のマッチプレーを、あのレクサスがサポート

PR

2017年10月27日(金)13時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ 広告制作チーム

<北の大地で繰り広げられた、日本男子プロゴルフツアー史上最高金額の優勝賞金をめぐる「ネスレマッチプレーレクサス杯」を、レクサスが特別協賛している>

今年8月に行われた「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」(以下、ネスレマッチプレーレクサス杯)。今年で4年目を迎えるトーナメント形式の試合を、レクサスが特別協賛しているのをご存じだろうか。

緊張感あふれるマッチプレーが見どころ

今年の「ネスレマッチプレーレクサス杯」は、昨年同様に北海道の恵庭カントリー倶楽部で開催された。マッチプレーによるトーナメント形式を特徴としている。

マッチプレーとは、通常のストロークプレーと異なり、2人または2組のチームが1ホールずつ勝敗を決めて18ホールを戦う方式のこと。日本ツアーでは、1975年から2003年まで「日本プロゴルフマッチプレー選手権」という公式戦が行われていたが、ISPSハンダマッチプレー選手権が今年開催されるまで、以降の大会は中止されていた。

2014年から始まった「ネスレマッチプレーレクサス杯」は、当初は日本ツアー外競技だったものの2016年から公式戦として復活。同時に、優勝金額が日本男子プロゴルフツアー史上最高金額となる1億円へ引き上げられた。

最大の見どころは、マッチプレーならではの選手間の駆け引きだろう。相手のライが悪いと手堅く進め、相手がピンそばであればリスクを背負ってピンデッドを攻めるなど、緊張感あふれる攻防を楽しむことができる。相手へのプレシャーのかけ方など、ストロークプレーでは見られない心理戦も醍醐味となる。

今年は、宮里優作プロや宮本勝昌プロ、今平周吾プロをはじめ、32名の日本人プロゴルファーが参戦した。4日間にわたって熱戦が繰り広げられた結果、決勝戦では27歳同士の藤本佳則プロと小平智プロが対決。2アップで藤本プロが制し、2014年の同大会決勝戦で松村道央プロに敗れた雪辱を果たした格好となった。

4人分のゴルフバッグを余裕で収納するRX

この魅力あるトーナメントを2015年からサポートしているのが、レクサスだ。今年の「ネスレマッチプレーレクサス杯」では、マッチプレー本大会と並行して開催されたサタデープロアマ大会にレクサスが招待したメディアに、ミドルクラスのSUVであるRXを移動手段として貸与。ゴルフを楽しむための車としても大いに活躍することを証明してみせた。

一般的に首都圏に住む人がゴルフを楽しむ場合、ゴルフ場までの移動は長距離となることが多いが、高速道路での安定した走りはRXが得意とするところである。

電動パワーステアリングやブレーキ制御、駆動力制御の機能を協調させることで、安定した走行性や操縦性を確保。車間距離を保ちながら追従走行するレーダークルーズコントロールや、車線キープをサポートするレーンキーピングアシストといった先進テクノロジーを搭載し、ゆとりのあるドライビングを可能にしてくれる。

また、エアロダイナミクスを追求したスタイルにもかかわらず、ラゲッジには4台のゴルフバッグを収納。加えて、名門のゴルフ場なら、力強さと艶やかな美しさを併せ持つ存在感をいかんなく発揮してくれるだろう。

lexusgolfTU171013-2.jpg

今年の優勝者である藤本プロには、ハイブリッドカーのRX450h F SPORTが副賞として贈られた。走行性能やスタイルを独自に磨き上げ、専用チューニングを施した"F SPORT"モデルが用意されるなど、スポーツとも親和性が高いのがレクサスの強みだ。

ニュース速報

ワールド

英国、コロナワクチンの副作用は現行賠償制度でカバー

ワールド

OPECプラス、減産規模の小幅縮小で合意 来年1月

ワールド

バイデン次期米大統領、ファウチ氏にコロナ対策顧問就

ワールド

英EU通商協議、合意なお不透明 離脱移行期間終了ま

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 6

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 7

    2020年の日本で最も輝いたクリエイターはこの6人

  • 8

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 9

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 10

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月