最新記事
セレブ

一見すると裸...ビアンカ・センソリが「奇抜衣装」で義理の娘と東京観光 その頃カニエは「あの国」を訪問

2024年7月4日(木)17時15分
千歳香奈子
ビアンカ・センソリとカニエ・ウェスト

ミラノでUEFAチャンピオンズリーグを観戦したビアンカ・センソリ(左)と黒いフェイスマスクを纏った夫カニエ・ウェスト(同右、2月20日) Alessandro Garofalo-REUTERS

<日本に再入国したビアンカは、夫カニエ・ウェストとその元妻キム・カーダシアンとの間の長女ノースと合流。ミニブタカフェやコンビニでの買い物を楽しむ様子が撮影された>

お騒がせラッパーのカニエ・ウェストと共に先月来日した際の「露出ゼロ」ファッションが話題となった妻で建築デザイナーのビアンカ・センソリが、滞在先のフランス・パリから単身で東京に舞い戻り、義理の娘ノースと合流して観光を楽しんでいることが分かった。一方のカニエは、ロシアを訪問してモスクワでパーティーに興じる姿が報じられている。

【画像】【動画】一見すると裸...「奇抜衣装」でファミマを訪れるなど義理の娘と東京を満喫するビアンカ

カニエと共にイタリアから日本にエコノミークラスで移動し、トレードマークとなっている露出を完全封印して成田空港に姿を見せて世間をあっと驚かせたビアンカ。夫妻はその後、ファッションウィークに出席するためパリに移動。ビアンカは現地で再び、過激な「ほぼ裸」ルックを披露し、メディアを賑わせていた。

パリから日本にひっそり再入国したビアンカは、6月26日に東京にあるミニブタカフェに出没。カニエと元妻でタレントのキム・カーダシアンとの間の長女ノースと共にミニブタに囲まれてくつろぐ姿をニューヨーク・ポスト紙が報じた。

肌の露出は控えめだったが...

ヌードカラーのタイツにボディスーツとタンクトップを合わせた服装のビアンカは、ノースと並んで床に座り、笑顔でおしゃべりや写真撮影を楽しんでいたようだ。ノースがビアンカの膝に手を置くなど親密な様子も見られ、「素敵な光景だった」と目撃者は語っている。

その翌日には、コンビニで買い物も楽しんでいる。体にぴったりフィットしたヌードカラーのキャットスーツに同系色のボディスーツを重ね着したファッションのビアンカとブルーのシャツを着たノースの写真もネットで拡散されているが、この日は次女シカゴも一緒だったと報じられている。

子どもたちはすっかりビアンカに懐いているようだが、母親のキムはビアンカの過激な服装を快く思っていないことが伝えられている。大胆な露出のボディスーツで外出するのが定番となっているビアンカに、子どもたちの前では露出を控えるよう警告したとの報道もあり、その影響からか今回も肌の露出は控えめだった。

しかし、半透けのキャットスーツは一見すると裸のようにも見えるため、挑発的な装いだとの声もあり、「異様」「ビアンカはサーカス芸人のような格好で、ノースは男の子みたい」「ノースはビアンカのファッションをどう感じているのだろう」などの声が寄せられている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物が軟調、中国需要の減退懸念やガザ停戦協議巡

ビジネス

再送-中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き

ビジネス

米産金ニューモント、第2四半期は利益が予想上回る 

ワールド

米大統領選でハリス氏の勝機は十分=独首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中