最新記事
動物

地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

Woman horrified after discovering "writhing drain terror" in basement

2024年2月25日(日)13時35分
アリス・ギブス
民家の地下室

Jaromir Chalabala/Shutterstock

<築100年の住宅の地下室にある排水口の中をのぞくと、無数の触手を持つヌメヌメとした生き物らしきものが蠢いていた>

米ペンシルベニア州ピッツバーグにある住宅の地下室にある排水口の中に、予想もしない「生物」が潜んでいたのが発見され、動画を見た人々を恐怖に陥れている。この家に住むメリッサ・チコチョッポが撮影した動画には、排水口の中で無数の触手を持ったような謎の塊が、ヌメヌメと蠢いている様子が映っていた。

■【動画】閲覧注意:排水口の中に何かいる! 覗いてみると、無数の触手を持つヌメヌメした「生き物」が...撮影された恐怖映像

築100年のこの家を所有しているアーティストのチコチョッポは、定期的に行っている地下室の点検中に目に入ってきた光景に違和感を覚えた。「数日前に地下室を点検していた時に、『排水口がなにかおかしい』と思った」と彼女は本誌に語った。

問題の排水口は地下にあり、生活排水などを屋外に出す役割を果たしている。チコチョッポもその存在は知っていたが、彼女が驚いたのはその「中にあったもの」だ。

中で蠢く生物を撮影後、「オンライン掲示板のレディットに動画を投稿した。グーグルで調べても分からなかったから」と彼女は説明し、さらにこう続けた。「(グーグルでは)いくら調べてもハエの幼虫だという検索結果しか出て来なかったが、排水口の中にいるのがハエの幼虫ではないことは確かだった」

チコチョッポはレディットの人気スレッド「r/WTF(これっていったい何?)」に動画を投稿し、「うちの排水口の中にいるこのモンスター、いったい何?」と問いかけた。

モンスターの正体はイトミミズの群れか

この投稿には1万2000超の賛成投票(いいね)と何千ものコメントが寄せられ、スレッド上で大勢のユーザーが自分の考えを述べたり、この奇妙な発見に反応を示したりした。

それらの書き込みを見ていくうちに、排水口の中のモンスターはどうやら無害な生物らしいことが分かってきた。「多くのコメントから推測するに、問題の生物は無害な(ミミズなどの)環形動物のようだ」と彼女はスレッドに書き込み、「釣り用の餌として売ろうかな」とジョークを添えた。

排水口の中にいた塊は、イトミミズの一種が群れになったものと思われる。この環形動物は、湖や川、下水管の堆積物の中に生息していることが多い。

レディットでは、「外見は不気味だけど、そんなに珍しいものでもなさそうだね」「私たちが暮らしている地球に、滅多に出くわすことがないエイリアンみたいな生物も暮らしているのは面白い」といったコメントが寄せられた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正-4月米フィラデルフィア連銀業況指数、15.5

ビジネス

全国コアCPI、3月は+2.6% 生鮮除く食料の伸

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに

ワールド

パレスチナ国連加盟、安保理で否決 米が拒否権行使
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中