最新記事
セレブ

元サッカー選手で大物セレブのブリタニー・マホームズ、水着姿で「究極の肉体美」を披露も...ネット大荒れ

'Sports Illustrated' Speaks Out Over Brittany Mahomes Swimsuit Furor

2024年2月18日(日)20時30分
ソフィー・ロイド
ブリタニー・マホームズ

なぜか嫌われるブリタニー・マホームズ @si_swimsuit/Instagram

<NFLのスター選手の妻でもあるブリタニー・マホームズが、スポーツ・イラストレイテッド誌「水着特集号」に登場>

アメリカのスポーツ月刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』は、60周年記念の「水着特集」号に、28歳の元サッカー選手ブリタニー・マホームズをモデルとして起用した。撮影時の様子は動画として公開されており、さまざまなデザインの水着を付けたマホームズが次々にポーズを取る姿が収められている。

■【動画】米セレブが水着モデルに挑戦...引き締まった肉体を「真っ赤な水着」姿で大胆披露も、「見せすぎ」批判が

マホームズは、サッカー界の大物であり、NFLチーム「カンザスシティ・チーフス」のスター選手パトリック・マホームズの妻でもある。彼女は今回のスポーツ・イラストレイテッド60周年記念号で、スポーツ・イラストレイテッドが毎年選出する「大きく異なる背景を持つ、8人の素晴らしい女性たち」の仲間入りを果たし、「ルーキー」としてポーズをとった。

スポーツ・イラストレイテッドは2月8日、インスタグラムのアカウントに、ベリーズのビーチで行われた撮影の動画を投稿した。澄み切った海とヤシの木に囲まれたビーチで、マホームズはさまざまな水着とアクセサリーをまとい、太陽の下ではしゃいでいる。

動画のキャプションには、「ブリタニー・マホームズが、2024年のスポーツ・イラストレイテッド(SI)水着ルーキーに!」と書かれている。「元プロアスリートであり、現在は『米ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)』のチーム『カンザスシティ・カレント』のオーナーであり、妻であり母でもあるブリタニーは、現代のパワフルな女性の典型だ」

さらには、「世界初の女子スポーツ専用スタジアムを創設したブリタニーの歩みは、あらゆる期待を超えており、その粘り強さと揺るぎない決意で、人々にインスピレーションを与えてきた」「私たちは、SI水着ファミリーに彼女を迎えられることを誇りに思う。彼女は間違いなく、世界中の女性たちに力を与え続けるだろう」と、マホームズを称賛した。

「世界中にすべてを見せびらかして...」

しかし、この投稿のコメント欄には、マホームズとスポーツ・イラストレイテッドへのヘイト的コメントが集まることになってしまった。

「一体全体なんで、彼女がスポーツ・イラストレイテッドに?」「水着号にはトップクラスのモデルがずらりと並んでいた時代もあったのに...」「スポーツ・イラストレイテッドは、正式に落ちぶれた」といった具合だ。

さらには、セレブでありトップアスリートの妻である彼女への嫉妬が見えるようなコメントもある。「すごくたくさんのモデルが応募するが、彼女は重要人物で、お金を持っているから、1回目の挑戦で採用される」「子どものいる既婚女性なんだから、これはとても不適切だと思う」「NFLクオーターバックの妻、小さな子どもたちの母親が、世界中にすべてを見せびらかしている。大成功している夫のさらに上を行く必要があったのだろうか?」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

世界の債務問題が著しく進展、IMFなどが共同声明

ワールド

ガザの食料危機悪化とUNRWA、イスラエルが支援妨

ワールド

気候変動の被害、2050年までに年38兆ドルか=独

ビジネス

4月ロイター企業調査:IR強化や成長投資、株主還元
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中