最新記事

女優

「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾った大物女優の写真に賛否両論

Jennifer Aniston Allure Cover Slammed by Piers Morgan

2022年11月13日(日)19時55分
エマ・メイヤー
ジェニファー・アニストン

ジェニファー・アニストン(2018年6月) Mario Anzuoni-Reuters

<ブラッド・ピットの元妻としても知られる女優ジェニファー・アニストンの大胆な水着姿に、人気司会者がかみついたが...>

女優のジェニファー・アニストン(53)が、極小ビキニで雑誌「アリューア」の表紙を飾り、話題となっている。イギリスの人気テレビ司会者ピアーズ・モーガンからは「悪趣味」と批判されたが、ファンたちは「美しい」「どこが問題なんだ」と反論し、アニストンの大胆な水着姿をめぐって「論争」も起きている。

■【写真】ダサい? 美しい? 賛否両論を呼んだアニストンのシャネル水着姿

アニストンは同誌12月号の表紙で、シャネルの1996年コレクションのシンプルな黒のマイクロビキニのトップと、サンローランのスカートを着用。表紙には「いま隠すことは何もない」という彼女の言葉が添えられている。

この写真に対し、モーガンは11月9日、「ああ、ジェニファー......すごくダサい」とツイッターに投稿した。

すると、アニストンのファンたちは彼女を擁護し、「彼女は信じられないほど美しい。何が問題なんだ」「彼女は美しい。何に文句を言っているのかわからない」などとコメントを書き込んだ。

あるユーザーは、モーガンが上半身裸で屋外で寝ている写真を投稿し、「ああ、ピアーズ......すごくダサい」とコメントを付けて反撃した。

■【写真】「ああ、ピアーズ......すごくダサい」の写真

モーガンの批判とは裏腹に、ネット上ではアニストンの多くのファンが、彼女の姿を絶賛している。「とにかく素晴らしい、オーマイゴッド! ジェニファー・アニストンは53歳。ワオ!」とTVホストのデニス・サルセドは投稿した。「神は女性であり、その名はジェニファー・アニストンだ」と別のユーザーはコメントした。

体外受精を試みた過去を告白

アニストンはアリューア誌のインタビューで、不妊に苦しんだ過去や、体外受精を試みたことを告白している。「何年も何年もいろいろ憶測されて......本当に辛かった。体外受精をしたり、中国のお茶を飲んだり、何でもやった」とアニストンは語っている。

「もし誰かが『自分のために卵子を凍らせなさい』と言ってくれていたら、なんでもしたのに。そんなことは考えなかった。そして今の私がある。時すでに遅し、だ」

ブラッド・ピットとの5年間の結婚生活は2005年に終わりを迎え、その後、俳優のジャスティン・セローと2015年に結婚。しかし、2017年末に離婚していたことを翌年発表した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

出口局面で財務悪化しても政策運営損なわれず、正常化

ワールド

焦点:汚染咳止めシロップでインドなど死亡数百件、米

ワールド

アングル:COP28、見えない化石燃料廃止への道筋

ワールド

OPECプラス閣僚会合、現行政策調整の可能性低い=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本化する中国経済

特集:日本化する中国経済

2023年10月 3日号(9/26発売)

バブル崩壊危機/デフレ/通貨安/若者の超氷河期......。失速する中国経済が世界に不況の火種をまき散らす

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    エリザベス女王も大絶賛した、キャサリン妃の「美髪」6選...プリンセス風ブローから70年代スタイルまで

  • 2

    ワグネル傭兵が搭乗か? マリの空港で大型輸送機が爆発、巨大な黒煙が立ち上る衝撃映像

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    ウクライナ「戦況」が変わる? ゼレンスキーが欲しが…

  • 5

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 6

    広範囲の敵を一瞬で...映像が捉えたウクライナ軍「ク…

  • 7

    新型コロナ「万能ワクチン」が開発される 将来の変…

  • 8

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 9

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があっ…

  • 10

    ワグネルに代わるロシア「主力部隊」の無秩序すぎる…

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 3

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオに映った不可解な行動に、「影武者説」が再燃

  • 4

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 5

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 6

    これぞ「王室離脱」の結果...米NYで大歓迎された英ウ…

  • 7

    「ケイト効果」は年間1480億円以上...キャサリン妃の…

  • 8

    広範囲の敵を一瞬で...映像が捉えたウクライナ軍「ク…

  • 9

    ロシア黒海艦隊、ウクライナ無人艇の攻撃で相次ぐ被…

  • 10

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 1

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 2

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 5

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 6

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部…

  • 7

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 8

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 9

    ロシア戦闘機との銃撃戦の末、黒海の戦略的な一部を…

  • 10

    爆撃機を守る無数のタイヤ、ドローン攻撃に対するロ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中