最新記事
カルチャー

歌手セレーナ・ゴメスと新恋人のツーショット写真、「胸をわしづかみ」ポーズが「下品」と批判の声

Selena Gomez, Benny Blanco photo slammed

2024年2月17日(土)19時18分
ビリー・シュワブ・ダン
セレーナ・ゴメス

Tinseltown/Shutterstock

<セレーナ・ゴメスが音楽プロデューサーのベニー・ブランコと抱き合う写真に対し、不快だという意見が相次いでいる>

米歌手セレーナ・ゴメスと、彼女の新恋人である男性のツーショット写真に対し、インターネット上では「下品」「キモい」と批判的な声が上がっている。これはゴメス自身がSNSで公開したラブラブぶりを示す写真だったのだが、恋人の手がゴメスの胸をしっかりつかんでいるようなポーズだったことから、不快に感じる人も多くいたようだ。

■【写真】セレーナ・ゴメスの胸を「わしづかみ」に!? 大物のツーショット写真が「下品」「悪趣味」と炎上

2023年に入ってから、ゴメスと音楽プロデューサーのベニー・ブランコ(本名ベンジャミン・レビン)が交際を始めたという噂が浮上。2人は同年12月に交際中であることを発表し、それ以降あちこちでそのラブラブぶりが目撃されている。

だが2月13日にゴメスがインスタグラムに投稿した写真には、眉をひそめた人もいたようだ。ゴメスはブランコとロマンティックに抱き合う様子を撮影した写真を投稿。これに「私の親友」という言葉を添えると、ブランコがこれに対して「僕の親友」とコメントを書き込んだ。

1枚目の写真は、料理中のブランコにゴメスが後ろから抱きついている写真。2枚目は、ゴメスがブランコの膝の上に座り、ブランコがゴメス肩にキスをしている写真なのだが、その右手はゴメスの胸をつかんでいるように見える。この2枚目の写真が、インターネット上で批判を浴びることとなった。

エンターテインメント系のX(旧ツイッター)アカウント「Pop Base」はこの写真を投稿し、キャプションに「セレーナ・ゴメスと恋人ベニー・ブランコの新たな写真」と書き添えた。

これに多くの人が反応し、問題の写真は悪趣味で恥ずかしいという意見を書き込んだ。「どうしてこんなにキモいの......その汚い手を彼女から離して!!!」「古臭い写真。かび臭い」「下水道にいるネズミだってもっと清潔に見える」といった具合だ。

セレーナ・ゴメスには「幸せになる権利がある」との擁護も

一方で、ゴメスとブランコの関係を擁護する意見もあった。ある人物は「こういう健全なコンテンツがもっと必要だ。みんなそう思っていると思う」とコメントした。

別の人物は、「ブランコだけが、ありのままの彼女を受け入れているわけだし、彼が彼女を大切に扱っているのはたしかでしょう? 私は彼のことが好きじゃないけれど、彼女を大切にして『自分は特別な存在だ』と感じさせていることは認める。セレーナはこれを望んでいたのだし、彼女には幸せになる権利がある」と書き込んだ。

また別の人物は、「彼女はとてもキレイ。良かったね。羨ましい」と投稿した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

海外勢の米国債保有、2月は過去最高更新 日本の保有

ビジネス

米インフレ抑制、停滞の可能性=ボウマンFRB理事

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力

ビジネス

日米韓、為替巡り「緊密協議」 急速な円安・ウォン安
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中