最新記事
セレブ

「赤ちゃんの首が...」パリス・ヒルトン、息子を「抱っこ」する仕方が危なすぎるとSNSで炎上

Paris Hilton, Mom Kathy Under Fire Over New Video

2023年12月1日(金)19時28分
ビリー・シュワブ・ダン
パリス・ヒルトン

DFree/Shutterstock

<パリス・ヒルトンが、生まれたばかりの息子フェニックスを初めて自身の母親にお披露目した時のシーンが大きな注目を集めている>

お騒がせセレブとして知られるパリス・ヒルトンは今年1月、夫カーター・リウムとの間に代理母出産でフェニックス・バロン・ヒルトン・リウムという息子を授かった。母となったパリスだが、リアリティ番組で放送された「息子を抱っこするシーン」をめぐり、世間から批判を浴びている。抱き方があまりにぎこちなく、赤ちゃんの「首」を心配する声が続出したのだ。

■【動画】「赤ちゃんの首が...」パリス・ヒルトン、息子を「抱っこ」する仕方が危なすぎると炎上

パリスは息子フェニックスの誕生を秘密にしており、ソーシャルメディアで発表する直前までは夫妻の近親者にも隠していたという。そんな彼女が自身の母親に生まれたばかりの息子を紹介したのが問題のシーンだ。

これは、ピーコックTVで11月30日に配信されたリアリティ番組「Paris in Love(パリス・イン・ラブ)」シーズン2の予告編で流されたもの。パリスだけでなく、その母親キャシー・ヒルトンもフェニックスを抱くのだが、2人とも赤ん坊の抱き方がおかしいと批判の声が上がっている。キャシーが赤ん坊と対面したのはこの時が初めてだった。

過去の一場面を切り取った映像がSNSで拡散されているが、そこでパリスは、「あなたの孫、フェニックス・バロン・ヒルトン・リウムよ」と赤ん坊を紹介する。リアリティ番組「リアル・ハウスワイフ in ビバリーヒルズ」への出演経験もあるキャシーは、「本当なの?」と尋ねる。そしてパリスは母親に赤ん坊を渡すのだが、彼女たちの抱き方が嘲笑の的になってしまった。

「赤ん坊を抱いたことがなさそうな2人」

SNSには、「彼女は...? 子どもを抱っこしたことがないのかな?」「フェニックスは命懸けで戦っていた。今まで赤ん坊を抱いたことがなさそうな2人の女性に囲まれて」といった声が溢れた。さらには「『ちょっと、あの赤ちゃんの首!』と何度も声が出てしまった」「うーん、赤ちゃんを抱っこする適切な方法ではないことは明らか」といった投稿もあった。

ただし、すべての人がこの動画を問題視しているわけではなく、2人の女性を擁護する声もあった。

ある人物は、こうコメントしている。「あきれた。むしろ、残念な主婦のアカウントがこんなに多いことこそ悲しむべきことだ。キャシーが孫に会うのはこれが初めてで、彼女は自分が祖母になることすら知らなかったのだから...偽りのない、とても美しい瞬間だと自分は思った」

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中