最新記事

セレブ

パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

Paris Hilton Reveals What Photoshopped 'Stop Being Poor' Top Actually Said

2021年05月06日(木)19時23分
エマ・ノーラン

キャラクターを演じていたというパリス・ヒルトン(2015年) Bobby Yip-REUTERS

<彼女のキャラクターを象徴するネット上の有名写真は加工されたもの。「本当の私はバカなブロンド娘じゃない」とパリスは語る>

ラスベガスのパームズホテルで開かれたパーティー会場で、白いタンクトップを着て両手を横に伸ばしたポーズをとるパリス・ヒルトンの写真。ネットで出回る彼女の写真の中で、最も有名な1枚だろう。

その写真の中で、パリスが着るタンクトップには「STOP BEING POOR(貧乏でいるのはやめよう)」という攻撃的な文言が書かれている。「大金持ちのパーティーガール」というパリスのイメージにぴったりで、ネットで大受けした。

しかし、パリスはTikTokで公開した動画でこの写真について言及し、タンクトップの文言はフォトショップで書き換えられたものだと語った。実際、2013年にこの写真が出回った際には、これは偽造された画像だと指摘する人も少なくなかった。だが、パリス本人がこのことについて語るのは初めてだ。

40歳になったパリスは、動画の中でこの写真を背景にしつつ「オンライン上にある私のこの写真を、きっとあなたも見たことがあるはず」と語った。そして「私はこんなシャツを着たことはない。完全にフォトショップされたもの。みんなこれを本当だと思っているけれど、真実じゃない」とした。

@parishilton

Debunking the ##STOPBEINGPOOR myth. Don't believe everything you read. ##greenscreen ##Iconic

original sound - ParisHilton

そして彼女は、妹のニッキ―・ヒルトンと一緒に写った修正前の写真を表示した。そこでは、タンクトップには「STOP BEING DESPERATE(必死になるのはやめよう)」と書かれている。「『STOP BEING DESPERATE』が本当に書かれていたこと。目にしたものを何でも信じちゃいけない」とパリスは語った。

「常にキャラクターを演じてきた」

パリスは昨年、自らの本当の姿をさらしたドキュメンタリー番組『This Is Paris』の中で、本当の自分は世間で思われているようなキャラクターではないと語っていた。例えば甘えたようなセクシーな喋り方は、意識して演技していたという。

「あらゆる時間、常にキャラクターを演じてきた。だから世界は私が本当は誰なのかを知らない。実際の私は、本当は有能な人間なの。バカなブロンド娘じゃない。何かになりきるのが、とても上手かっただけ」と、パリスはオーストラリアのトーク番組で語った。その声は、普段よりずっと深みと成熟を感じさせるものだった。

これまで世間に見せていたキャラクターの一部である「偽物の声」をやめたことについては、「そろそろ世界に本当の自分を知ってもらうべきとき」だと思ったからだとした。「たくさんのことを経験してきたと思う。私については本当にたくさんの誤解や先入観がある」

さらに、次のように説明した。「頭が空っぽの人間として記憶されたくはない。ビジネスウーマンという実際の私として、リスペクトされたい」

ニュース速報

ビジネス

米財務長官、債務上限の引き上げ訴え 「8月中にデフ

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、若者の心臓疾患との

ビジネス

FRB当局者、米国の高インフレ「予想外に長引く可能

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 5

    バレンタインデー用のバラの花に隠された、甘くない…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 4

    家族と会えずに死にゆくコロナ患者たちの「最後の別…

  • 5

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売