最新記事

モデル

米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

2023年1月6日(金)18時00分
キャサリン・アルメシン
エミリー・ラタコウスキー

エミリー・ラタコウスキー(2019年9月) Caitlin Ochs-Reuters

<過激な服装をたびたび披露してきたモデルのエミリー・ラタコウスキーが、ケイマン諸島で撮影された解放感あふれる水着姿の写真を投稿>

モデルであり、女優としても活躍するエミリー・ラタコウスキーは、太陽の光が降り注ぐリゾート地で、友人たちと2023年を迎えたようだ。彼女は1月2日、休暇中に撮影した一連の写真と動画をインスタグラムに投稿。カラフルなビキニをまとった自らの姿を披露した。これらはケイマン諸島で撮影されたものだという。

■【写真】「派手なヒモ」みたいなビキニを着用した姿を披露したラタコウスキー

このうちの1枚では、ラタコウスキーがホットピンクに花柄のビキニを着用し、セクシーなTバックをはいた後ろ姿を見せている。また別の動画では、ラタコウスキーは遊び心たっぷりに、同じTバックを腰の高い位置まで引き上げている。

鏡を使った自撮り写真では、小さなトライアングルトップと、同じくらいハイカットのボトムを組み合わせたネオンカラーのビキニを着用し、熱帯植物を背景にポーズを取っている。

水着ブランド、イナモラータ(Inamorata)の創業者でもあるラタコウスキーが、シンプルな赤のストリングビキニを着用している写真もいくつかある。

さらに、ある黒人男性との親密そうな写真もある。デイリー・メールによれば、男性は30歳のシンガーソングライター、モーゼス・サムニーで、2人は寄り添いながら、互いの体に腕を回している。

コメント欄には、ラタコウスキーと噂があったコメディアンのピート・デイヴィッドソンに関するジョークも投稿されている。

あるフォロワーは、「ピート・デイヴィッドソンは、ものすごく日焼けしたね」とコメント。別のフォロワーも、笑い顔の絵文字とともに、「ピート・デイヴィッドソンの日焼けはすごい」と冗談を飛ばしている。

熱愛発覚のデイヴィッドソンとはすでに破局か

ラタコウスキーは2022年11月、ニューヨーク市のブルックリンでデイヴィッドソンと手をつないでいるところを目撃され、関係を噂された。デイヴィッドソンの誕生日である11月29日にも、一緒に写真を撮られている。

しかし、始まったばかりの恋は、すぐに終わったようだ。匿名の情報筋は12月下旬、エンターテインメント・トゥナイトに対し、ラタコウスキーとデイヴィッドソンは交際の噂が立った後、「それぞれが自分のことをしていて、決して真剣ではなかった」と語っている。

さらに匿名の情報筋はページ・シックスの取材に対し、2人は「恋愛から友人関係に移行した」と説明し、「どちらも納得している」と言い添えている。

またラタコウスキーは12月21日、自宅のあるニューヨークのアパートメントの外で、アーティストのジャック・グリアーとキスしているところを目撃されていた。

一方、半自伝的なドラマ映画『キング・オブ・スタテンアイランド』で主演したデイヴィッドソンはその後、映画『Bodies Bodies Bodies』(日本語タイトル未定)の共演者チェイス・スイ・ワンダーズと外出する姿を目撃されている。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は小幅続落、一時300円超安 米株先

ビジネス

日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=トヨタ会

ビジネス

台湾鴻海、中国・鄭州に新事業本部建設へ 10億元投

ビジネス

ノボノルディスクの肥満症薬、英で心血管リスク低減向
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中