最新記事

BTSが変えた世界

BTSブームも牽引、Kポップダンスを陰で支える振付師

BEHIND K-POP'S VIRAL CHOREOGRAPHY

2020年12月1日(火)18時00分
レイン・バンデンバーグ

NYのタイムズスクエアでパフォーマンスをするBTS AP/AFLO

<Kポップの魅力の1つは計算し尽くされたダンスだが、その戦略に貢献しながら注目されていない真の功労者がいる>

Kポップは歌と魅惑的な雰囲気とアイドル性だけでなく、高度な振り付けのシンクロダンスでも知られている。しかし、その振り付けには爆発的なブームを生む力があるにかかわらず、グローバルな人気を支える振付師は業界でないがしろにされている。

Kポップグループの公式ミュージックビデオ(MV)の大半には、「公式振り付けMV」や「パフォーマンスビデオ」が付いている。BTS(防弾少年団)など多くのグループは、振り付け関連の動画の数が公式MVを上回る。

各曲にもそれぞれダンスの練習映像があり、メンバーがスタジオで踊る姿が収められている。固定カメラで撮影されたシンプルな動画で、まねして練習しやすいように、反転させたミラーリング動画をファンたちが作っている。

このダンス動画が大きな武器になる。その威力をまさに体現しているのがBTSだ。例えば、アメリカを拠点とするキーオン・マドリッドが振り付けを担当した「Fire」は、公式MVのYouTubeの再生回数が6億6000万回、ダンスの練習動画が5600万回、ライブパフォーマンスが9700万回、ミラーリングダンスの練習用動画が8100万回。1曲の動画4本で計8億9000万回以上、視聴されている。

(BTS「Fire」の練習動画)

Kポップの全ての曲が、「Fire」のように世界的なヒットになるわけではない。しかしダンス動画のフォーマットが持つ可能性は、より柔軟な戦略に対応できる。BTSも、例えば「Save Me」は、公式MVはあるがダンス練習動画はない。「Silver Spoon」は公式MVはないが、ダンス練習動画の再生回数は3300万回、ミラーリングダンスの練習用動画は1億5000万回を超えている。

練習映像とミラーリングダンスの再生回数の差は、ファンが振り付けを見るだけでなく、自分たちも練習してさらに楽しんでいることの表れかもしれない。その好例が「ランダム・プレイ・ダンス・チャレンジ」だ。これはKポップの曲がランダムに流され、振り付けを知っている参加者が自由に踊るイベントで、台湾やアメリカなど各地で開催され、多くのファンを集めている。

ダンスチャレンジの発祥は、韓国のトーク番組の人気コーナー「ランダム・プレイ・カッツ」だ。出演者の曲の一部が突然流れて、メンバーがぶっつけ本番で踊りだす。

大規模なイベントだけではない。ベトナムブリュッセルオーストラリアなど世界各地から、街中で振り付けを忠実に再現する動画「Kポップ・イン・パブリック」が投稿され、数百万回の再生回数を記録している。

Kポップのグループは、ダンスチャレンジを積極的に仕掛けている。BTSの大ヒット曲「IDOL」の公式MVの再生回数は、わずか4カ月で3億1200万回を記録。大物ラッパーのニッキー・ミナージュをフィーチャーしたバージョンは、「#アイドル・チャレンジ」と題してソーシャルメディアでダンス動画の投稿を募ったプロモーションも絡めて1億回に達している。

(BTS「IDOL」)

昨年9月にはBTSのリードダンサーとして知られるJ−HOPEが、人気ポップシンガーのベッキーGとのコラボで、2006年の大ヒットナンバー「Chicken Noodle Soup」のリメーク版を発表。「チキンヌードルスープ・チャレンジ」の下で、著名な振付師によるリメークやカバーが続々と生まれた。

ニュース速報

ビジネス

中国、金融機関の倒産法制定を議題に

ワールド

タイ、ワクチン接種した外国人の隔離期間を7日に短縮

ワールド

焦点:香港民主化の「夢」ついえるか 全人代で選挙見

ワールド

インド、日米豪にワクチン生産設備への投資を要請 中

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月