最新記事

映画

韓国、コロナ禍の釜山国際映画祭 オンラインで国境越え観客も交流、新たな道示す

2020年11月6日(金)11時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

舞台挨拶をオンラインにしてウィズコロナ時代の映画祭を模索した釜山国際映画祭 MBC Busan / YouTube

<新型コロナのパンデミックで世界の映画界が停滞した2020年。アジアを代表する映画祭は何を見せてくれたのか>

今年はコロナウィルス感染拡大で、これまでに前例のないほど混乱の1年となった。世界の映画祭は次々と開催延期や中止、もしくは異例のオンライン開催を発表せざるを得ない状態だった。

世界3大映画祭の一つ「カンヌ国際映画祭」が5月に開催されるか否か、世界中から注目されていた頃が今となっては懐かしい。結局、今年のカンヌは開催中止となり、6月にカンヌフィルムマーケットのみオンラインで行われた。9月に行われたカナダの「トロント国際映画祭」は、劇場定員を50人に減らし、マスクを義務化、オンラインとオフライン併用した上映での小規模開催で行われた。

アジアの映画祭も中止や延期

アジアの映画祭も軒並み中止や延期を発表した。上海国際映画祭は、6月から7月末に変更され、4月の香港国際映画祭も規模を縮小した形で開催。どちらもオフラインを極力避ける方向でイベントスケジュールが組まれた。

国際映画祭の楽しみといえば、各国からやってくるゲストだが、今年はコロナによる感染対策のため、国外はもちろん国内のゲストの訪問も少なく、オンラインでの舞台挨拶があればいい方で、基本的に映画の上映のみを中心に開催された映画祭がほとんどだった。

そんななか、今やアジアを代表する映画祭に成長した「釜山国際映画祭」は今年どうなるのか、各国の映画関係者たちからは注目が集まっていた。映画祭期間中に行われるフィルムマーケットでも、アジアを中心とした映画の買い付けには、下半期の重要な役割を果たす市場である。

中止か開催か、ギリギリまで憶測が飛び交っていたが、結果予定より2週間遅らせ、10月の21日より9日間いつもより小規模での開催に踏み切った。映画祭の期間中に行われるイベントや企画は中止されたが、映画界に元気がない今、多くの映画ファンに喜ばれ、成功的に幕を閉じた。

今回は、そんなコロナ禍での異例の開催となった今年の釜山国際映画祭の様子を見てみよう。

コロナ禍でも客席を埋めた映画ファン

今年は、メイン会場であるシネコン「映画の殿堂」6スクリーンで68カ国から192作品の映画が公開された。ちなみに昨年は、85カ国303作品の上映だった。累計観客数も1万8311名と、昨年の18万9116名と比べると約10分の1となってしまった。

だが、上映館数と数席飛ばしの客席数を考えれば納得がいく。それどころか、使用座席の稼働率では、なんと同映画祭史上最高の92%を記録し注目を集めた。

コロナ対策でも数々のアイデアで世界を驚かせた韓国だったが、映画祭の開催でも数々のアイデアが話題となった。

まず、映画祭のチケットは、完全オンラインとなり人との接触無しでのチケッティングが行われた。元々韓国ではチケットレスが進んでいたため、スマートフォンでの発券システムも問題なく受け入れられたようだ。

ニュース速報

ワールド

ワクチン接種完了なら、マスクなしで集まり可能に C

ワールド

米大統領、11日に国民に向け演説 コロナ禍開始から

ビジネス

ECB、パンデミック買取額119億ユーロに小幅減 

ワールド

NY市、22日に高校対面授業再開 9月の学校完全再

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月