最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

中国人コスプレイヤー、同人誌作家、買い物客はこんな人たち(コミケ97ルポ)

2020年2月1日(土)19時45分
高口康太(ジャーナリスト)

徐の語りは延々と続く。その徐と一緒に行動していたのが浙江省出身の馮(フォン)。昨春来日し、現在は東京の日本語学校に通っている。

「買い物よりも雰囲気を感じたいと思っている。まあ、気になるグッズがあるとすぐ買ってしまうんだけど(笑)」

日本に留学した理由を聞くと、「中国の近くにある、存在感のある外国というと日本になる。日本のカルチャーが好きだからというのも理由の1つ。アニメだけじゃなくて、日本の推理小説もよく読んでいる」。

12月の東京で肩と胸を大きく露出して寒そうだったが......

コミケと言えば、同人誌やグッズの頒布と並んで目玉となるのがコスプレだ。コスプレイヤー(レイヤーとも呼ばれる)が集まる屋上展示場で出会ったのが、大学院に留学中の羅老実(ルオ・ラオシー)だった。女性2人と一緒にコミケを見学に来たという。

magSR200201comiket-5.jpg

大学院に留学中の羅老実(右端) HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

中国には「看熱閙」(賑わいを見に行く)という言葉があるが、なるほど14億人の人口大国・中国でも、これほど人がぎゅうぎゅうになる光景はまれだ。さまざまなコスチュームに身をまとうレイヤーを見ているだけで楽しいのだとか。

そして、実はコスプレをする側にも中国人は少なくない。中国ではアニメ・漫画産業育成の名の下、政府主催のコスプレ大会が開催され、大学にはコスプレサークルが設立されるという、日本人からすると不思議なお国柄がある。

さらに、イベントコンパニオンをしたり撮影会で稼いだりと、プロへの道も確立している。容姿端麗な男女が続々参加し、ハイレベルになっているのも分かろうというものだ。

magSR200201comiket-6.jpg

女性レイヤーの愛老師は浙江省杭州市の大学3年生 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

屋上展示場にいた女性レイヤー、愛老師(アイラオシー)に話を聞く。浙江省杭州市の大学3年生だ。もともとアニメ好きだったというが、高校時代にコスプレサークルに加入したことをきっかけにレイヤーになった。

中国のコスプレイベントには何度も参加しているが、日本のコミケは今回が初めて。東京にある中国人レイヤーの仲介事務所が招聘した。まず今回はコミケの参加者に知ってもらって、将来的なステップアップを目指す戦略なのだとか。

12月の東京で、肩と胸を大きく露出したコスチュームはいかにも寒そうだったが、多くの人に見てもらってファンになってもらいたいと意気込んでいた。

カメラを構えたファンたちはまるでファンタジーRPGの戦士

個人が出展するエリアと別に設けられた企業ブース。そこにはプロとして活躍する中国人レイヤーたちの姿があった。「はじめまして~」と日本語で挨拶してくれたのは上海から遠征してきた千葉チュチュ。大学を卒業したばかりの社会人だ。

magSR200201comiket-7.jpg

日本人レイヤー(左)と上海から遠征してきた千葉チュチュ(右)が並んで撮影に応じる HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

日本語をきちんと学んだことはなく、10年以上アニメを見ているうちに覚えてしまったのだとか。それだけに日本語のイントネーションは、アニメのキャラクターっぽい。コスプレと相まって本当にアニメから抜け出てきたようだ。

「コミケもすごい人だけど~上海にもコミックアップっていう大きなイベントがあって大混雑ですよ~。違いは......日本だと会場に来てからコスプレするけど~上海だとみんなコスプレの格好で会場まで行くの~。だから一番の違いはみんなの格好かな」

ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、インドなどのコロナ感染者急増で

ビジネス

コインベースCEO、上場初日に同社株2.92億ドル

ビジネス

東芝が大幅続落、買収問題の先行き不透明な状態続く

ワールド

米軍撤退後のアフガンの将来は誰も保証できない=大統

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月