最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

中国人コスプレイヤー、同人誌作家、買い物客はこんな人たち(コミケ97ルポ)

2020年2月1日(土)19時45分
高口康太(ジャーナリスト)

人気のゲーム会社Yostarのブースでは、日中混合の女性レイヤーたちがポーズを決めていた。新作ゲーム『アークナイツ』の宣伝だ。その効果は抜群で多くの人が集まっていた。

magSR200201comiket-8.jpg

人気のゲーム会社Yostarのブースでは、新作ゲーム『アークナイツ』の宣伝を日中混合の女性レイヤーたちが盛り上げていた HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

集まったファンたちは皆、ハイエンドのデジタル一眼レフを握っている。「プロ以上の機材かも」と、同行したプロカメラマンの木村肇が舌を巻く。

カメラを取り囲むように、フライパンぐらいの小さなディフューザー(照明機材の一種)が取り付けられている。丸いディフューザーを構える姿はまるでファンタジーRPGの戦士のように見えた。

その戦士たちに取り囲まれていた中国人レイヤーが、なつめと黒沢の2人。共に江蘇省からやって来た。

なつめはプロのレイヤーで、コミケの参加ももう3回目。中国各地のイベントに呼ばれたり、ゲーム関連の動画や写真に出演したりと忙しい日々だという。

黒沢は副業レイヤーで、本業はアニメ会社で働くグラフィックデザイナーだ。アニメも好きだが、日本カルチャーにはまったのはアイドルグループ「嵐」がきっかけだという。語学学校に通って日本語も覚えるほど入れ込んでいる。

magSR200201comiket-9.jpg

HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

初めて参加したコミケの感想を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「中国だとコスプレしてます、アニメ好きですって人に言うのが恥ずかしくて隠してたけど、日本はさすが母国だなって。こんなに多くの人がアニメ好きを堂々と表明しているなんて。日本すごい!」

コミケ会場だけ見ると確かにそういう印象になるかもしれないが、さてどうなのだろうか。例えば、ユニクロの漫画・アニメTシャツをとっても、街中でこれを着て歩いている人は中国のほうが多いような気がするのだが。

『中国ラノベ史』『中華オタク用語辞典』――同人誌制作者たち

参加者、コスプレイヤーときて、最後に紹介するのが同人誌制作者の中国人たち。ケン・リーは上海出身、日本の大学で学ぶ留学生だ。

magSR200201comiket-10.jpg

隣り合った出展ブースで自ら作成した同人誌などを売るケン・リー(左)と八子 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

「中国のオタクに関する情報は日本でも結構紹介されるようになってきたが、ほとんどはアニメ関連だ。特撮とかライトノベルとか、アニメに比べれば数は少なくても、そういうジャンルを好きな中国人オタクもいるぞと伝えないといけない。そう思って同人誌を作るようになった」

magSR200201comiket-11.jpg

今回で6回目の参加というケン・リー HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

彼の出展ブースには、彼が作った『中国ラノベ史 中国のライトノベル市場から見る中国オタク事情』『中国特撮事典』などの同人誌が並ぶ。今回で6回目の参加となるが、そのたびにコンスタントに新刊を出してきた。頭が下がる勤勉っぷりだ。

「同人誌だけじゃなくて、卒論も中国アニメの歴史で書くことになった。経済学部なんですけどね(笑)」

magSR200201comiket-12.jpg

「ラノベ」「アニメ」といった文字が躍るケン・リーの同人誌 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

ニュース速報

ビジネス

米金融街、新たな変異ウイルスや金利上昇などを懸念=

ビジネス

独自動車産業、新技術への投資なければ雇用崩壊=労組

ビジネス

米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北

ビジネス

寄り付きの日経平均は小幅安、米雇用統計控え模様眺め

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 3

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 7

    カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    北朝鮮の超エリート学院でコロナ感染、「赤い貴族」…

  • 10

    迫りくるもう一つの米中逆転

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 4

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 5

    米FDA、メンソールたばこ禁止へ 当局が来年に基準案…

  • 6

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 7

    アジア中が萌えた!王道ラブストーリーの韓国ドラマ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    アメリカでビットコインの未来を決める判断が間もな…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月