最新記事

韓国

韓国、若手作家が文学賞を告発 商売か芸術家の尊厳か

2020年1月13日(月)13時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

李箱文学賞を告発した若手作家のキム・グムヒ氏 JTBC News / YouTube

<日本同様に出版不況が厳しい韓国で、文学賞の内定を作家が拒否する事件が起きた。受賞すれば一躍有名になるのに一体なぜ?>

韓国で3大文学賞と言えば、「東仁(トンイン)文学賞」、「黃順元(ファン・スンウォン)文学賞」、そして「李箱(イ・サン)文学賞」だ。そして今年も1月上旬に李箱文学賞受賞者が発表されようとしていたのだが、突然延期を余儀なくされた。一体何が起こったのか?

李箱文学賞は、毎年前年1月から12月までに発表された文学作品から、中編・短編を中心に大賞1名と優秀賞5名を決めることになっている。しかし、今回受賞対象に内定した6名のうち3名が受賞拒否を公にした。

ことの発端は、優秀賞を受賞予定だった作家キム・グムヒ氏が、1月4日に自身のSNSへ載せた告発だった。キム氏によると、李箱文学賞を主催する出版社の文学思想社は、受賞者に対し「3年間作品の著作権を出版社に譲渡しなければならない」という受賞条件を提示されたという。この条件にキム氏をはじめ受賞予定だったチェ・ウンヨン氏、イ・ギホ氏の計3名が受賞拒否の意思を表明した。

また、この3名を応援する立場から、以前優秀賞(2007年度)と大賞(2008年度)を受賞したことがある作家クォン・ヨソン氏も、SNSで自分の受賞体験を公表した。それによると「当時新人作家だった自分は、(受賞後の)契約条件がどんなものか知りもしなかった」「正式契約をする際、担当者から『事前に連絡された契約内容以外に、義務的にこの出版社から今後2作品の本を出版しなくてはならない』と言われた」という。

これに対し出版社側は、「これまで大賞の1作品にのみ3年間契約を条件にしていたが、去年から手違いもあり優秀賞5作品も3年間契約の条件が適用された」と説明している。

李箱文学賞の受賞作は毎年1冊の本にまとめられ「李箱文学賞作品集」という名前で発売されている。出版社としては、作品集を発売して3年間は販売売り上げを独占したいため、作家が他社から受賞作を出してほしくない、というのが本音なのだろう。

日本でも毎年芥川賞や直木賞の受賞者が発表されると、ニュースで話題になるように、李箱文学賞を受賞したとなると、その作品と作家の知名度ははね上がる。「それだけの機会を与えるのだから、本の利益を保証してほしい」という出版社の言い分と、「自分の作品は我が子同然である。作品の権利は作家にある。著作権は渡さない」という作家の気持ちがすれ違い、対立している状態だ。

ニュース速報

ワールド

英EU離脱関連法が成立、エリザベス女王が裁可

ワールド

プーチン大統領、安保理常任理事国の首脳会議開催を呼

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初の死者 

ビジネス

ECBが戦略検証開始、総裁「調整力発揮」 成長リス

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月