最新記事

日韓関係

韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ」日本馬排除でなくしたものとは?

2019年11月30日(土)11時30分
山本 智行(共同通信社記者) *東洋経済オンラインからの転載

これは、KRAにとっても苦渋の決断だったことは、容易に想像できる。筆者はそれまでKRA関係者と何度か連絡を取り合っていたが、日韓関係が悪化するなかでも、「スポーツや文化、観光などと政治とは別物」としていた。一方で「いまはネットでつながっていて、その境界が曖昧になっている」と危惧してもいたのは事実だ。

7月中旬には別件でソウルを訪問したが、「ノージャパニーズ運動」の広がりと過激さを見て、より一層不安な気持ちにかられた。KRA側も「日に日に悪いニュースばかりで影響が広がるか見守っています。競馬ファンからもこれまでになかった意見、文句が出始めています」と慎重な姿勢になっていた。

その矢先、ショッキングな一報が流れたのは8月11日。ついにKRAが日本馬の招待見送りを発表したのだ。舞台裏では「日本の関係者に事情を説明し、謝りに行く話もあった」という。最終的には文在寅(ムン・ジェイン)政権の同調圧力と国民感情を忖度したものだろう。

東西冷戦の下、繰り広げられた過去のオリンピックのボイコット合戦しかり。スポーツの舞台に政治は持ち込まないといいながら、同じことがしばしば繰り返されるのはいかがなものか。開催していれば、藤田菜七子がコパノキッキング(騸4=栗東・村山明厩舎、11月のJBCスプリントでは2着)で、コリアスプリントに参戦するプランもあっただけに幻となったのは残念でならない。

東亜日報は「チャンス」と報道、各国記者には残念がる声も

レース当日のソウル競馬場は一瞬、そんなことを忘れさせるほど台風一過の秋晴れとなった。だが、日本馬不在の状況に、心までは晴れ晴れとはいかなかった。それは欧米の海外メディアも同じ。なかには「政治的な話はしたくないよ」と筆者に"取材拒否"の記者もいたが「とても悲しい。私はどちらの国も人々も馬も好きです。貿易などの問題を抱えているのでしょうが、早く仲直りして交流を再開してほしい」という意見や「その国が決めることに反対はしません。もちろん、さまざまな国からさまざまな馬が参戦する方が正しい」という声を聞いたことを書き記しておきたい。

現地メディアはどう伝えたか。韓国の有力紙「東亜日報」の日本語版は、コリアカップについて「今大会には韓国、アメリカ、英国、仏国、香港の5カ国が参加する。目立つのはコリアカップで3年連続優勝、コリアスプリントで最近2年連続優勝した日本が欠場していることだ。日本は地理的に近いという利点を積極的に活用して、元年から優秀な馬を大量に出場させて賞金を独占したが、最近悪化している韓日関係を勘案して、今回は招待対象から除外した。主催国の韓国としては初めて優勝まで狙えるチャンスといえる」と伝えた。

同紙は有力馬については、今年3月のドバイワールドカップに出走し11着だったドルゴン(牡5歳)を推奨。KRAのキム・ナクスン会長が「コリアカップ、コリアスプリントは海外出場馬のレベル、賞金規模などで世界的にも遜色のない大会だ。国家代表の馬が善戦できるように応援をお願いする」と語った、とも報じた。

ニュース速報

ワールド

スペインの新型コロナ死者1万3798人に 増加ペー

ワールド

アフリカ債務削減で踏み込んだ対応を、ガーナ財務相が

ワールド

アングル:緊急事態宣言で日本に5兆円の経済損失、巨

ワールド

財政状況は厳しくなるが、今は経済再生が優先=麻生財

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月