最新記事

映画

『ジェミニマン』の老若ウィル・スミス対決は超高画質でも空回り

No Number of Will Smiths Can Save It

2019年10月26日(土)15時00分
サム・アダムズ

フルCGで制作された23歳のスミス(手前)と現在のスミス(右奥)が対決するが ©2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

<今よりはるかに若い自分と戦うという設定は斬新だが、4K・3D撮影でかえってインチキっぽく見えてしまう>

もし若い頃の自分に会えたら、どんな忠告をするだろう? 逆に年を取った自分が目の前に現れたら、彼の忠告に耳を傾けるだろうか? 映画『ジェミニマン』が私たちに投げ掛ける問いは、まさにそれだ。

この手のストーリーは、タイムトラベルものになりがちだ。しかし、アン・リー監督の手に掛かるとひと味違ってくる。

登場するのは、未来の自分や過去の自分ではない。後悔や疑念だらけの中年男と、彼の若いクローンだ。中年男のほうは、伝説の暗殺者ヘンリー・ブローガン。若いクローンは、ヘンリーを殺すため秘密裏に育てられた23歳の「ジュニア」。どちらもウィル・スミスが演じている。

リーは主人公のヘンリーの配役の際に、いま50代の俳優で、若い頃にアクションスターの経験あり、という条件を付けた。それを満たすのは2人しかいなかった。スミスとトム・クルーズだ(リーによれば「トムは忙しかった」らしい)。

撮影には、スミスの若い頃の顔を再現するデジタルアニメーション技術のほかに、毎秒120フレームの高フレームレート(HFR)撮影や、最新の4K解像度の3D撮影技術も使われた。

アメリカ国内にはこの「120フレーム・4K・3D」を再現できる映画館がなく、筆者が見たときも最高の条件で上映されてはいなかった。しかし映像はこの上なく鮮明で、リーのこだわりは十分に伝わってきた。

この撮影技法を導入したのは失敗だったと判断するにも十分だった。鮮明に撮影されたウィル・スミスは、何をどう演じてもウィル・スミス自身にしか見えない。映画を見ているというよりは、メイキング映像を見ているようなのだ。

未来の監督が忠告すべき

物語は国防情報局の潜入捜査官や、軍の請負業者から悪の道に進んだクレー・ベリス(クライブ・オーウェン)らを巻き込んで進んでいく。しかし画質がいいものだから、ストーリーの展開よりも、つい俳優の顔のしわやソーダ缶の水滴に関心が向いてしまう。

例えば環境問題を扱ったドキュメンタリー映画のように彼らを取り巻くものが本当のテーマだったら、鮮明な映像は大正解だろう。しかしあくまで物語重視の本作では、意味ありげな言葉を交わす俳優たちが大写しになればなるほど、インチキっぽく見えてしまう。55歳のオーウェンが23歳のスミスと戦うシーンも通常の毎秒24フレームなら受け入れられるが、120フレームだとどこかばかげて見える。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏の中国口座巡る報道、国家安全保障の懸念=

ワールド

原油先物は大幅安、在庫統計が燃料需要低下を示唆

ワールド

米コロナ対策協議、合意でも議会通過は選挙後か=下院

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン治験、ブラジルで被験

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 8

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 9

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 10

    共和党が自作の投票箱を「公式」と偽って設置する無…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月