最新記事

映画

配信サービス全盛の今、映画館はどこへ向かう? ビジュアル重視の韓国、定額制のアメリカ

2019年10月7日(月)18時13分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

観客を取り戻そうと映画業界はさまざまな映画鑑賞のスタイルを提案している。Shaiith - iStockphoto

<あらゆるコンテンツがスマートフォンに収まり個人で楽しむ時代。リアルのサービスを提供する映画館はどうやって観客を振り向かせようとしているか>

「映画を観る」という言葉を聞いて、もう「映画館に行く」という意味で捉える人はどのくらいいるだろうか? 今や映画を観る方法は様々だ。観客が映画を観る環境の選択肢がどんどん広まっている。特に、アマゾンプライムビデオやネットフリックスなど、ネット配信サービスが定着したことも大きな変化だと言える。日本はもとより韓国でも、わざわざ時間を調べて映画館に足を運び、1本の映画に千円近くを払う「映画館で観る映画」は時間とお金を浪費する贅沢な娯楽になりつつある。こうしたなか、映画館は観客を少しでも呼び寄せるため、様々な工夫を始めているようだ。

数年前、韓国で寝ながら観られるベッド型の客席のある映画館が話題となりSNSを中心に話題となったが、いまやベッド型座席は珍しいものではなくなってしまった。韓国では、ここ数年ベッド型座席に負けないユニークな映画館が続々と誕生している

映画館についてのアイデアを公募、実現化

韓国最大のシネコンチェーンCGV江辺店では、「シネ&フォレ」という森と映画を組み合わせた映画館が誕生した。これは、2017年に行われたCGV新事業アイディア公募展から生まれた映画館で、まるで森の中で映画を観ている感覚になる。客席のソファーが人工芝の上に直接設置され、以前123席用だった館内に48席のみ座席が設置されているため、周りを気にせずリラックスして映画を観覧することができる。そのこだわりは見た目だけではない。室内の酸素濃度を森の中と同様21%に上げているという。一般的なソウルの街中の酸素濃度は18~19%。2~3%の差だが、これがリラックス感を更に高めると、来館した観客に大好評のようだ。

newsweek_20191007_181836.jpg

森をイメージしたCGV「シネ&フォレ」。現在は江辺以外にも展開され、CGVベトナムでも導入している 딩고 트래블 / YouTube

同じくCGVの往十里では、こちらも「リラックス」をテーマに、まるで自分の家でくつろぎながら映画を観ることができる「リビングルーム」型の映画館が誕生した。ピンクの家風の扉を開けると、席ごとにインテリアが違った造りになっており、ソファーやテーブル、照明などが置かれている。さらに、この映画館の特徴はこれだけではない。なんと、映画が上映されている間、館内の照明はすべて落とされず明るいまま。そして、携帯の使用も可能だという。技術の進歩で、暗くなくても上映可能なLEDスクリーンを使用しており、明るい場内でも通常と同様に観覧可能である。また、前の席との間に壁がある為、前方で携帯電話を使用しても画面の明るさが邪魔にならないように座席設計されている。今までの映画館でのタブーにあえて挑戦して観客のニーズにこたえている。

ニュース速報

ワールド

クシュナー米大統領顧問「黒人は成功望む必要ある」、

ビジネス

LVMHのティファニー買収、必要な認可全て取得 訴

ビジネス

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要

ワールド

来週北京など訪問、経済活性化計画を協議=香港行政長

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月