最新記事

解剖学

北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った【名画の謎を解く】

2019年3月15日(金)10時35分
原島広至

北斎は西洋の解剖をいち早く学んでそれを絵に活かした人物である。彼が小児の下顎骨と成人の下顎骨を「間違えて」描くとは考えにくい。もしかすると北斎は「意図的に」下顎骨だけは小児のものを参考にして描き、幽霊っぽい線の細さを表現していたという可能性はないだろうか。

meigabook190315-4.jpg

画像:すみだ北斎美術館、Shutterstock.com

実はこの幽霊の頭蓋骨、他にもいろいろと面白い点がある。次にこの頭蓋骨のてっぺんの部分に注目しよう。

実は、胎児や新生児の前頭骨は左右2つに分かれている

葛飾北斎の描いた『百物語 こはだ小平次(小平二)』の頭蓋骨は、後ろの頭髪が残り、頬筋や側頭筋などの一部が付いており、腐敗が進行している様子がリアルに描写されている。つまり、乾ききった「しゃれこうべ」ではない生々しさが描写されている。

ところで、この幽霊の頭頂部は、市松模様のように濃淡のある骨が交互に配置されている。しかし、解剖学をご存知の方であれば、この頭蓋骨に違和感を覚えるに違いない。額の部分の「前頭骨」が左右に分かれているのである。普通は前頭骨は左右に分かれずに一つにつながっている。ここで、真ん中に走っているギザギザの線を「前頭縫合」という。

実は胎児や新生児の頃はだれしも、前頭骨は左右2つに分かれているのだが、生後3年頃までに2つの骨は癒合して前頭縫合は消えてしまう。

胎児や新生児の頭蓋骨では前頭骨、頭頂骨、側頭骨、後頭骨の境には隙間があり、北斎のこの版画に見られるように縫合線が入り組んではいない。特に2つの前頭骨と2つの頭頂骨の接する付近の大きな隙間は「大泉門」という。これらの骨同士の隙間には重要な意味があり、誕生時に骨が少し重なることで、狭い産道の通過を可能にしている。

meigabook190315-5.jpg

新生児の頭蓋骨(画像:Shutterstock.com)

成人の頭蓋骨では前頭縫合はあまり見られないため、こうした頭蓋骨は珍しい。前頭縫合のある頭蓋骨は上から見ると縫合線が十字に見えるため「十字頭蓋(じゅうじとうがい)」ともいう。ある統計では十字頭蓋の成人はヨーロッパ人では約9%、アジア人では約5%なので、ヨーロッパ人の方が十字頭蓋の比率が大きい。

北斎がこの版画を作る際、参考にした頭蓋骨がたまたま十字頭蓋であったという可能性がある。北斎が実物を見ずに西洋の解剖学書だけに頼って描いていたなら、標準的な頭蓋骨を描いていたはずである。しかし、北斎が十字頭蓋を描いていたことから、間接的な証拠ではあるが、実物の標本を見て描いており、しかも市松模様に色付けすることによってその違いも意識していたことが見て取れる。

ところで、余談だが、チェコの都市クトナー・ホラにあるセドレツ納骨堂は、約1 万人分の骨を用いた内装が有名だ。これほど大量の頭蓋骨があると、ところどころに十字頭蓋も見られる。

meigabook190315-6.jpg

セドレツ納骨堂の頭蓋骨(画像:Shutterstock.com)

次回はレンブラントの作品『ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴』(1654年)に描かれた乳房から読み解く。

【名画の謎を解く】
※第2回:モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた
※第3回:500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」


名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?
 原島広至 著
 CCCメディアハウス

meigabook190315-page1-b.jpg

『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』42~43ページ

meigabook190315-page2-b.jpg

『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』44~45ページ

meigabook190315-page3-b.jpg

『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』46~47ページ

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月