最新記事

解剖学

北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った【名画の謎を解く】

2019年3月15日(金)10時35分
原島広至

北斎は西洋の解剖をいち早く学んでそれを絵に活かした人物である。彼が小児の下顎骨と成人の下顎骨を「間違えて」描くとは考えにくい。もしかすると北斎は「意図的に」下顎骨だけは小児のものを参考にして描き、幽霊っぽい線の細さを表現していたという可能性はないだろうか。

meigabook190315-4.jpg

画像:すみだ北斎美術館、Shutterstock.com

実はこの幽霊の頭蓋骨、他にもいろいろと面白い点がある。次にこの頭蓋骨のてっぺんの部分に注目しよう。

実は、胎児や新生児の前頭骨は左右2つに分かれている

葛飾北斎の描いた『百物語 こはだ小平次(小平二)』の頭蓋骨は、後ろの頭髪が残り、頬筋や側頭筋などの一部が付いており、腐敗が進行している様子がリアルに描写されている。つまり、乾ききった「しゃれこうべ」ではない生々しさが描写されている。

ところで、この幽霊の頭頂部は、市松模様のように濃淡のある骨が交互に配置されている。しかし、解剖学をご存知の方であれば、この頭蓋骨に違和感を覚えるに違いない。額の部分の「前頭骨」が左右に分かれているのである。普通は前頭骨は左右に分かれずに一つにつながっている。ここで、真ん中に走っているギザギザの線を「前頭縫合」という。

実は胎児や新生児の頃はだれしも、前頭骨は左右2つに分かれているのだが、生後3年頃までに2つの骨は癒合して前頭縫合は消えてしまう。

胎児や新生児の頭蓋骨では前頭骨、頭頂骨、側頭骨、後頭骨の境には隙間があり、北斎のこの版画に見られるように縫合線が入り組んではいない。特に2つの前頭骨と2つの頭頂骨の接する付近の大きな隙間は「大泉門」という。これらの骨同士の隙間には重要な意味があり、誕生時に骨が少し重なることで、狭い産道の通過を可能にしている。

meigabook190315-5.jpg

新生児の頭蓋骨(画像:Shutterstock.com)

成人の頭蓋骨では前頭縫合はあまり見られないため、こうした頭蓋骨は珍しい。前頭縫合のある頭蓋骨は上から見ると縫合線が十字に見えるため「十字頭蓋(じゅうじとうがい)」ともいう。ある統計では十字頭蓋の成人はヨーロッパ人では約9%、アジア人では約5%なので、ヨーロッパ人の方が十字頭蓋の比率が大きい。

北斎がこの版画を作る際、参考にした頭蓋骨がたまたま十字頭蓋であったという可能性がある。北斎が実物を見ずに西洋の解剖学書だけに頼って描いていたなら、標準的な頭蓋骨を描いていたはずである。しかし、北斎が十字頭蓋を描いていたことから、間接的な証拠ではあるが、実物の標本を見て描いており、しかも市松模様に色付けすることによってその違いも意識していたことが見て取れる。

ところで、余談だが、チェコの都市クトナー・ホラにあるセドレツ納骨堂は、約1 万人分の骨を用いた内装が有名だ。これほど大量の頭蓋骨があると、ところどころに十字頭蓋も見られる。

meigabook190315-6.jpg

セドレツ納骨堂の頭蓋骨(画像:Shutterstock.com)

次回はレンブラントの作品『ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴』(1654年)に描かれた乳房から読み解く。

【名画の謎を解く】
※第2回:モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた
※第3回:500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」


名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?
 原島広至 著
 CCCメディアハウス

meigabook190315-page1-b.jpg

『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』42~43ページ

meigabook190315-page2-b.jpg

『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』44~45ページ

meigabook190315-page3-b.jpg

『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』46~47ページ

ニュース速報

ビジネス

政策余地ある、必要なら追加緩和検討=黒田日銀総裁

ビジネス

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

ワールド

焦点:英経済に「相当厳しい」新ブレグジット協定案

ビジネス

G20財務相、デジタル通貨の厳格規制で合意 深刻な

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局が捜索要請

  • 4

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    半年後の価格は......ビットコインの価格算定モデル…

  • 8

    台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点

  • 9

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 10

    ヒトの体内の「粘液」の役割が明らかに

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 9

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月