最新記事

レゴのすべて

「暗黒時代」の大人たちへ、超ディープなレゴの世界へようこそ

Everything Is Awesome

2018年11月22日(木)17時30分
アビゲイル・ジョーンズ(本誌シニアライター)

創造力と根気を糧にブロックの世界は無限に広がる(映画『ビヨンド・ザ・ブリック』より) COURTESY THE TRIBECA FILM FESTIVAL

<2014年に公開されたレゴのドキュメンタリー『ビヨンド・ザ・ブリック レゴのブリッキュメンタリー』。監督2人は12カ国でロケを行い、AFOL(大人のレゴファン)のマニアックさに光を当てた>

<ニューズウィーク日本版 2014年5月27日号掲載>

LEGOmook_cover240.jpg

※レゴブロック誕生60年を記念した特別編集ムック「レゴのすべて」が発売中。その歴史から製造現場の舞台裏、ミニフィギュア(ミニフィグ)誕生秘話、人気シリーズの紹介まで、本拠地デンマークでも取材を行ってレゴの魅力に迫った。

※現在、プレゼントが当たる「#レゴのすべて」SNSキャンペーンを実施中(11月30日23:59まで)。抽選で100名様に、レアな「レゴ ニンジャゴー カイのファイヤードラゴン【30422】」をプレゼントします。キャンペーンの詳細はこちら。

3歳の姪が遊びに来た日、私はリビングでパステルカラーのレゴブロックに囲まれて、お姫様のお城作りに熱中していた。テーブルには小さい人形や動物を中心に、さまざまな形やサイズのブロックが散らばっていた。この丸いやつは花のつもり? 緑色のは葉っぱ?

とにかく私は、目にすることすら何十年ぶりの玩具にすっかり夢中になっていた。それも姪をとっくに寝かし付けた後、深夜近くに独りきりで。

私だけじゃない。1958年にデンマークで誕生した小型のカラフルなブロックは、子供向けの組み立て玩具の枠を超え、今では大人も熱中させるまでになっている。建築家やアーティストにインスピレーションを与え、数学者を悩ませ、国境を超えたファンのコミュニティーを生み、自閉症児の治療法に革新をもたらしてさえいる。

4月にニューヨークのトライベッカ映画祭で上映された『ビヨンド・ザ・ブリック レゴのブリッキュメンタリー』はそんなレゴの軌跡を追った新作ドキュメンタリー(※編集部注:現在は公開されていない)。監督はダニエル・ユンギーとキーフ・デビッドソンだ。

「とても大きなテーマだ。まるで『英語』というテーマで映画を作るような感じだった。どこから手を付けるか、それ以上にどこで終わるか」とユンギーは言う。

映画祭翌日、ユンギーとデビッドソンはマンハッタンの会議室でレゴブロックの山を前にしていた。赤、黄、緑、青、黒、白、ピンクも少々。

「絶大な人気があって根強いファンがいるだけに責任も感じた。子供にも大人にも、レゴに詳しくない人にも詳し過ぎる人にもアピールするストーリーにしないと」とユンギーはAFOL(大人のレゴファン)を意識して言う。デビッドソンも同調する。「本当のファンが気に入らないようじゃ困るからね」

マニアックな世界も紹介

2人は奇抜な発想と敬意を持ってレゴの世界にアプローチ。12カ国でロケを行い、AFOLのマニアックさに光を当てた。

シアトルでは毎年恒例のAFOLのイベント「ブリックコン」で、AFOLの作品展やレゴボートレース、各種コンテストが行われている。映画では「通」でない人のためにKFOL(子供のレゴファン)、MOC(自分の作品)、LUG(レゴユーザーグループ)など初歩的なファン用語の解説も付く。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    自動運転車の大敵は「虫」だった

  • 8

    ドラマ『チェルノブイリ』、事実がまっすぐ伝えられ…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 1

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月