最新記事

BOOKS

SEALDs時代に「情けない思いでいっぱい」と語る全共闘元代表

安保闘争の経験を初めて語り、現代へのメッセージを込めた『私の1960年代』は全共闘世代のイメージを覆す一冊

2015年11月2日(月)11時05分
印南敦史(書評家、ライター)

私の1960年代』(山本義隆著、金曜日)は、1960年に東京大学に入学した著者が「山崎プロジェクト(10・8山﨑博昭プロジェクト)」の活動の一環として2014年10月4日に行った講演「私の一九六〇年代――樺美智子・山﨑博昭追悼――」の内容に加筆したものである。ちなみに山﨑プロジェクトとは、1967年10月8日の羽田闘争の際、機動隊と衝突して命を落とした京大生、山﨑博昭氏を追悼するものだという。

 著者は科学史家で、東大闘争全学共闘会議の元代表である。これまで全共闘時代の経験については一切語らず、取材にも応じなかったそうだが、本書には、1960年の安保闘争から、ベトナム反戦闘争、1970年の安保闘争、果ては科学技術や原発についての考え方までが、実体験に基づいて克明に語られている。


 私の一九六〇年代は、物理学と数学を学ぶために大学に入ってから大学の研究室を去るまでの一〇年間で、その間の生活の軸は物理学と数学の学習にあったのですが、本書で語ることは、その軸としての物理学と数学ではなく、結局大学を離れてゆくことになった、街頭と大学での政治的・社会的な経験とその過程で私が考えたことがらについてであります。(4ページ「はじめに」より)

 1962年生まれ、つまり年端のいかない子どもだった私の目から見ても、全共闘世代は"ちょっとめんどくさそうな人たち"だった。気が短くて無駄に熱く、押しつけがましく否定的で、三度の飯より理屈が大好き――。そんなイメージだったから、どちらかといえば苦手だったのだ(いや、本音をいえば、いまでも苦手だ)。

 しかし、「難しい言葉で理論武装するよりも、わかりやすい言葉と柔らかな態度で相手と向き合った方がよほど知的だ」と考えている私にとって、「勉強したかったから大学に入っただけで、ノンポリ」という著者の立ち位置は新鮮で心地よくもあった。当然ながら全共闘運動の内部では有名な方だったようだが、その手の人たちによくある強引さを感じさせないからである。

 東大闘争についての重要なことのひとつが、「バリケード内に開放空間を形成し、学生間の新しい共同性を創り出し、自己権力の一歩を踏み出したこと」だとする考え方は、SEALDsが新たな戦い方を提示する現代においてはいささか古くさく思える。が、とはいえ考え方の根底にあるものは、一般的な全共闘世代のイメージとはすこし違っても見える。

 たとえば東大全共闘が「自立した個人の集まり」というように美化され神話化されていることを、「それはすこしきれいごと」であると言い切り、実際にはいくつかの政治党派の活動家と無党派の活動家の複雑な関係だったと分析できるのも、客観的な視野を持っているからだ。

 なお、ともすれば全共闘運動についての話に意識を奪われがちだが、同時に注目したいのが原子力発電についての記述だ。物理を勉強してきた立場から、それがいかに危険なものであるかを、わかりやすい言葉を選んで説明してくれているのである。淡々とした記述は、感情をむき出しにしたアプローチよりもずっと説得力がある。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月