最新記事

注目作

韓流戦争映画はここまで来た

注目作 朝鮮戦争を描いた『高地戦』は「韓国映画ルネサンス」の総決算とも言える作品

2012年3月16日(金)15時56分
グレイディー・ヘンドリックス(ニューヨーク・アジア映画祭共同創設者)

予期せぬ展開 『高地戦』はハリウッドの戦争映画のような「感動巨編」ではない (c)Showbox/Mediaplex.

 20世紀は朝鮮半島にとって、まったく暗い時代だった。

 まず日本に占領され、次に連合軍に占領された。戦争によって朝鮮半島は南北に引き裂かれ、北は独裁体制となった。

 南にはクーデターによって軍事政権が生まれ、戒厳令が長く続き、大統領が暗殺され、またクーデターが起き、また軍政が敷かれた。やっと民主化にたどり着いたのは1987年のことだった。

 だからアメリカでこの1月に公開された『高地戦(原題)』のように、朝鮮戦争をテーマにした映画が韓国で作られると、ハリウッドの戦争映画にありがちな豪華キャストをそろえた「感動巨編」ではなくなる。『高地戦』は、むしろうら哀しくてシニカルで、反権威主義的な作品だ。それでも韓国では、昨年夏の最大のヒット作となった(日本では今年公開予定)。

 軍事政権下の韓国で戦争映画に求められた役割は、国威発揚の1点だった。映画監督の李晩熙(イ・マニ)は1965年、共産主義に同調する描写をしたとして逮捕された。李を支持する発言をした兪賢穆(ユ・ヒョンモク)監督も、実験的映画にヌードシーンを6秒間入れたとして逮捕・投獄された。

 80年代に入ると映画への規制は緩和され始めたが、裁判所の判断によって政府が検閲委員会を廃止したのは95年のこと。以降、映画制作者たちは「政府公認」の歴史に挑むような作品を、復讐心を込めて作り始めた。

 まずワンツーパンチとなったのが、99年の『シュリ』と00年の『JSA』だった。どちらも強烈なヒット作となり、韓国映画界に現代のルネサンスをもたらした。

 カン・ジェギュ監督の『シュリ』は、国内に潜入した北朝鮮工作員を捜す韓国諜報部員を描き、パク・チャヌク監督の『JSA』は38度線の軍事境界線で起きた殺人事件をテーマにしている。2つの作品は、まったく新しい視点を共有していた。北でも南でも、そこに住むのは同じ人間であり、南北の争いは政治家たちが引き起こしたというものである。60~70年代にこんな映画を作っていたら、間違いなく牢獄行きだった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中