最新記事

インタビュー

「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかった」と悔やむ1冊の本

2022年1月14日(金)10時55分
朴順梨(ライター)

紀野さん自身、「北海道から1人で東京に来る」ことも、運をつかむ大きな一歩になった。東大に進学したことで、『東大王』のメンバーになれたからだ。

しかし最初から東大志望だったわけではなく、もともとは京都大学に行きたいと考えていたという。


子供のころから和菓子が好きだったので、和菓子の本場と言えば京都だなということで、なんとなく興味がありました。実際に小学生の時に何度か旅行したのですが、街の雰囲気に触れて自分の中の和心が目覚めたというか、京都という街が大好きになって。

だから、まず京都に住みたいと思い、そのために京大に行こうと考えていました。

invu20220109-20yrsoldbook-3.jpg

Photo:遠藤 宏

クイズ研究会1択だったが、謎解きサークルに出合う

3歳からバレエを習っていた紀野さんの夢は、ずっとバレリーナだった。しかし小学4年生になる頃から、「医師になりたい」と思うようになった。


祖父が耳鼻科の医院を開業しているなど、周りに医療関係者が多かったんです。祖父は患者の子供たちの不安を取り除くために、診察のかたわらマジックを披露していたりして、そういう姿がとてもかっこよく見えました。

それで京大医学部を目指したのですが、高校2年生になる春休みに現役東大生の話を聞く機会があり、「東大に行きたい」と思うようになりました。東大に入学すると理系・文系関係なく全員が2年間、教養学部に配属されます。そこで学部の垣根を越えた科目が学べると知り、いろいろなことを知りたい自分に合っていると思ったからです。

理科志望だったのですが、3類は進学先がほぼ医学部に絞られますし、1類で工学を学ぶのはちょっと違うなと思ったので、農学や理学、生物学などを幅広く学べて他より女子学生の比率が多い2類を志望しました。

晴れて現役合格したものの、最初のうちは環境に馴染めない部分があった。北海道と東京では空気そのものが違うし、有名校からの進学者は入学時にグループ化していて、声をかけにくい雰囲気があったと振り返る。


まず、東京に慣れることが大変でした。住んでいた部屋の近くを首都高が通っていたので、空気が淀んでいて毎日頭痛がしました。

あとは人間関係ですね。筑駒(筑波大学付属駒場中学・高校)や灘、桜陰など東大に何人も進学する学校出身者は、当然ながら入学時点ですでに知り合い同士。

私も同じ高校からの仲間は5人いましたが、女子は1人だったので、科類が違う子や他の地方出身者に声をかけて、コミュニティーを広げていきました。浪人経験者の中には「同じ予備校仲間」みたいなグループもあって、それも羨ましかったですね。

そんな紀野さんだったが、誘われるのではなく自分から「AnotherVision」というサークルのドアを叩いた。AnotherVisionは東大生を中心とした謎解き制作集団で、松丸亮吾が2代目の代表を務めている。

このAnotherVisionで培った力が『東大王』に役立っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

韓国現代自の労組、ストライキの可能性 賃上げ交渉が

ワールド

ウクライナ穀物輸出、6月は前年比43%減 ロシア侵

ワールド

ウクライナ、トルコにロシア貨物船の差し押さえ要請 

ワールド

独政府、ガス料金の賦課金制度の導入目指す

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 2

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 3

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 4

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 5

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 6

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    温暖化で新種のクマが誕生?──実は喜ばしくない理由…

  • 10

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月