最新記事

自己啓発

1カ月でTOEIC 900点、1年で馬術日本一、2作目で小説家デビューした女性の最強時短スキル

2021年5月21日(金)12時05分
茜 灯里(作家・科学ジャーナリスト)
乗馬

写真はイメージです DragonImages-iStock.

<新型馬インフルエンザが題材の作品『馬疫』で、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した茜灯里氏。職業作家を目指し始めたのは、わずか1年半前だ。彼女の「短期間で目標を達成するスキル」とはどんなものか>

1年の受験勉強で、東京大学に合格した。1カ月の対策で、TOEICが600点台から900点台になった。

馬に初めて触ってから1年後に、全日本選手権に出場して優勝した。小説を書き始めて2作目で、新人賞を受賞してデビューした。2024年、東京五輪の連続開催を控える日本で「新型馬インフルエンザ」が発生した――という設定のミステリ、『馬疫』(光文社、2021年2月発売)だ。

周囲から「何をするのも効率がいいね」とよく言われる。

秀才の家系に生まれたわけではない。私の両親は作曲家と女優だったが、勉強をしろとも言われなかった。

私はどうやら「短期間で目標を達成するスキル」を自分で編み出して使いこなしているようだ。と言っても、このスキルには特別な才能は必要ない。

最初に行うのは「己を知り、目標設定する」

私の時短スキルには、勉強用とパフォーマンス用がある。もっとも、どちらもまず行うべきことは「己を知り、目標設定する」だ。

「己を知る」とは、目標に取り組むときに、自分は他人と比べて何が強み・弱みなのかを探ることだ。

あなたは、暗記に自信はあるだろうか。記憶力が良いならば、資格試験の勉強では1分野1冊のテキストを厳選して丸暗記したほうがいい。過去問も、解かずに読んで覚えたほうが効率的だ。

記憶力には自信はないがコツコツと努力できるタイプならば、まず、過去問を毎日、1回分ずつ読もう。読んで分からないところは、テキストを辞書として使う。つまり、過去問に出てきた部分だけ、テキストをとびとびに読む。

コツコツタイプの人は、試験の構造をつかんでから最後にテキストを通読するほうが、効率的に覚えられる。

「目標設定する」とは、達成期限を決めてから、逆算して時間の使い方を考えること。ここで重要なのが、攻略対象の徹底的なリサーチと計画表の作成だ。

ある資格試験が半年後にあるとする。ネット情報を見ると、この試験は半年から1年の勉強で合格している者が多い。「すぐに勉強を初めなければ」と焦りそうになるが、遠回りのようでも1週間かけてさらに情報を集めたほうがよい。

合格者は人数が決まっている(相対評価)のか、それとも合格点が取れれば全員が受かる(絶対評価)のか。合格最低点は何点か。

お薦めのテキストは何か。複数の科目があるならば、どの科目が難しいという声が多いだろうか。合格体験記のブログなどにも目を通し、躓きやすい点なども把握しておく。

試験攻略法が何となく分かったら、自分のスタイルに合わせた計画表を作る。

スタイルとは、「平日9時から18時に働いているから、朝に◯時間、夜に◯時間の勉強時間を取れる」という勉強スケジュールだけではない。最も大切なのは、自分は一気呵成型か、継続型かということだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、ロシアに大規模追加制裁 500超の団体・個人 

ワールド

中国国家主席、経済政策会合主宰 製造業支援を協議

ビジネス

中国、外資誘致へビジネス環境最適化へ=国営メディア

ビジネス

中国証券当局、信頼回復へ不正に厳罰 トップ交代後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中