最新記事

株の基礎知識

初心者が知らない「株価が上がる」たったひとつの理由

2020年12月25日(金)14時40分
岡田禎子 ※株の窓口より転載

JuSun-iStock.

<実は、どの株が上がるかなんて、プロの投資家にもAIにもわからない。株式市場の仕組みは、アイドルのコンサートチケットに置き換えるところから考えるとわかりやすい>

株式投資はよくわからない?

「人生100年時代」という言葉が世間に躍る昨今、そろそろ株式投資を始めないとまずいかも......と漠然と思いながらも、二の足を踏んでいる方も多くいます。そして、その理由は「株式投資ってなんだかよくわからないから」であることが結構あります。

では、何が「よくわからない」のでしょうか? 売買の仕組みがわからない? チャートの読み方がわからない? 財務諸表の見方がわからない? あるいは、どの証券会社を選べばいいかわからない? さまざまな「わからない」が考えられますが、その最たるものは「どの株が上がるかわからない」でしょう。

たしかに、何が入っているのかわからないバケツに手を突っ込むのが怖いように、上がるかどうかもわからない株にお金を注ぎ込むことに恐怖を覚える人も多いでしょう。だからこそ、「株はギャンブルだ」「親に、株だけは絶対にやるなと言われている」という人もいるのだと思います。

でも実は、どの株が上がるかなんて誰にもわからないのです。

もしかすると、経験豊かなベテラン投資家は株価を未来を読めるとか、高度なコンピューターで何百億と運用している機関投資家には敵わない、というふうに思っているかもしれませんが、素人もプロもAIも、誰も「どの株が上がるかわからない」という同じ土俵で勝負をしているのが株式市場なのです。

なぜ株価は上がるのか?

そもそも、なぜ株価は上がるのでしょうか? それは「買いたい人が売りたい人より多いから」の一言に尽きます。非常にシンプルですが、これが真実です。株価が上がる理由は、これ以外にはあり得ません。

アイドルのコンサートチケットで考えてみましょう。人気のアイドルともなれば、一般販売は抽選制。それに外れた人は、インターネットの流通市場へ探しに行きます。そこでは、定価5,000円のチケットが10,000円で転売されています。2倍の値段にもかかわらず、次々と取引が成立していきます。

コンサート主催者が5,000円の価格をつけたチケットが、倍額の10,000円となり、それでも争奪戦となるのはなぜでしょう? それは「大人気のアイドルだから」です。

では、なぜそのアイドルは人気があるのでしょう? 「顔が可愛いから」「歌が素晴らしいから」「MCが面白いから」「握手会があるから」......などなど、人気の理由はファンの数ほど考えられます。でも、とにかく「人気だから」→「チケット枚数より買いたい人が多いから」→「チケットが高くなる」のです。

人気度が上がれば上がるほどチケット価格は上昇していきます。もしこれが引退コンサートのチケットなら、プレミアム化して、さらに価格が上がるでしょう。転売目的で買う人も参戦して過熱化し、激しい争奪戦はコンサート直前まで続きます。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中