最新記事

株の基礎知識

初心者が知らない「株価が上がる」たったひとつの理由

2020年12月25日(金)14時40分
岡田禎子 ※株の窓口より転載

JuSun-iStock.

<実は、どの株が上がるかなんて、プロの投資家にもAIにもわからない。株式市場の仕組みは、アイドルのコンサートチケットに置き換えるところから考えるとわかりやすい>

株式投資はよくわからない?

「人生100年時代」という言葉が世間に躍る昨今、そろそろ株式投資を始めないとまずいかも......と漠然と思いながらも、二の足を踏んでいる方も多くいます。そして、その理由は「株式投資ってなんだかよくわからないから」であることが結構あります。

では、何が「よくわからない」のでしょうか? 売買の仕組みがわからない? チャートの読み方がわからない? 財務諸表の見方がわからない? あるいは、どの証券会社を選べばいいかわからない? さまざまな「わからない」が考えられますが、その最たるものは「どの株が上がるかわからない」でしょう。

たしかに、何が入っているのかわからないバケツに手を突っ込むのが怖いように、上がるかどうかもわからない株にお金を注ぎ込むことに恐怖を覚える人も多いでしょう。だからこそ、「株はギャンブルだ」「親に、株だけは絶対にやるなと言われている」という人もいるのだと思います。

でも実は、どの株が上がるかなんて誰にもわからないのです。

もしかすると、経験豊かなベテラン投資家は株価を未来を読めるとか、高度なコンピューターで何百億と運用している機関投資家には敵わない、というふうに思っているかもしれませんが、素人もプロもAIも、誰も「どの株が上がるかわからない」という同じ土俵で勝負をしているのが株式市場なのです。

なぜ株価は上がるのか?

そもそも、なぜ株価は上がるのでしょうか? それは「買いたい人が売りたい人より多いから」の一言に尽きます。非常にシンプルですが、これが真実です。株価が上がる理由は、これ以外にはあり得ません。

アイドルのコンサートチケットで考えてみましょう。人気のアイドルともなれば、一般販売は抽選制。それに外れた人は、インターネットの流通市場へ探しに行きます。そこでは、定価5,000円のチケットが10,000円で転売されています。2倍の値段にもかかわらず、次々と取引が成立していきます。

コンサート主催者が5,000円の価格をつけたチケットが、倍額の10,000円となり、それでも争奪戦となるのはなぜでしょう? それは「大人気のアイドルだから」です。

では、なぜそのアイドルは人気があるのでしょう? 「顔が可愛いから」「歌が素晴らしいから」「MCが面白いから」「握手会があるから」......などなど、人気の理由はファンの数ほど考えられます。でも、とにかく「人気だから」→「チケット枚数より買いたい人が多いから」→「チケットが高くなる」のです。

人気度が上がれば上がるほどチケット価格は上昇していきます。もしこれが引退コンサートのチケットなら、プレミアム化して、さらに価格が上がるでしょう。転売目的で買う人も参戦して過熱化し、激しい争奪戦はコンサート直前まで続きます。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、新STARTの5年延長を模索

ビジネス

インテル、第4四半期決算は予想超え 外部委託拡大を

ビジネス

フォード、タカタ製エアバッグ搭載の300万台リコー

ワールド

NZ中銀、指標の発表を延期 サイバー攻撃によるデー

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 9

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 10

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月