最新記事

株の基礎知識

債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

2019年11月12日(火)18時35分
山下耕太郎 ※株の窓口より転載

PashaIgnatov-iStock.

<マイナス金利なのに、国債など債券の価格が上昇しているのはなぜか。そもそも「債券」は株よりもリスクが低く安全性が高いと言われる金融商品だが...>

債券市場が株価に与える影響を知る

世界中の債券市場で、長期金利の低下が続いています。アメリカでは長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」が発生。日本やドイツの10年国債の利回りもマイナスで、世界の債券の4分の1がマイナス金利という事態になっています。

長期金利とは、償還期間が長い債券の金利をいいます。これが低下するということは、債券価格が上昇することを意味します。現在は「債券バブル」ともいわれる状況となっていますが、そうした債券市場の動向は、株式市場にどのような影響を与えるのでしょうか。

■そもそも「債券」とは

債券とは、国・地方自治体や企業が投資家からお金を借り入れる目的で発行される有価証券です。このうち国が発行する債券を「国債」、企業が発行する債券を「社債」といいます。満期まで保有し続ければ額面金額が戻ってくるほか(これを「償還」といいます)、保有している間は利子も得られます。

いつ・いくら戻ってくるかがあらかじめ設定されていることから、債券は株式と比べてリスクの低い金融資産といわれています。国や地方自治体が発行していることも、より安全性が高いとされる要素です(もちろん、企業に限らず国・地方自治体であっても、破綻するリスクはゼロではありません)。

■金利と債券と株価の関係

満期が設定されている債券ですが、途中で売却することも可能です。その価格は、株式と同じように日々変動していますが、通常、金利が上昇すると債券価格は下がり、金利が低下すると債券価格は上昇します。

たとえば、年利3%の債券を購入したとします。その後、金利が4%に上がれば、新たに発行される債券の年利は4%になります。すると年利3%の債券の魅力が薄れ、価格が下がるのです。反対に金利が2%に下がれば、年利3%の債券は投資対象として魅力的になり、価格が上がることになります。

金利上昇↑ − 債券下落↓
金利下落↓ − 債券上昇↑

金利が上昇するのは景気が回復する局面であるため、企業業績の回復への期待から、株価は上昇する傾向にあります。一方、金利が下がるのは景気後退局面なので、株価は下落します。

金利上昇↑ − 株価上昇↑
金利下落↓ − 株価下落↓

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イタリア・韓国について今後渡航制限の必要性も=トラ

ワールド

米ミルウォーキーで銃乱射、トランプ大統領「5人死亡

ビジネス

新型ウイルス有望薬「レムデシビル」、ギリアドが後期

ワールド

IMF春季会合、規模縮小かテレビ会議に変更も=関係

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 3

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 10

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月