最新記事

自己啓発

人と接するのが苦手? 周りと噛み合わない? 人間関係に効く「即興演劇」の技術

2019年10月31日(木)16時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

PeopleImages-iStock.

<誰しも「自分の居場所がない」と感じることがある。即興演劇(インプロ)をベースにしたコミュニケーション術が、そうした悩みを解決してくれるかもしれない>

・常に他人の目が気になってしまう。
・イジメなどのトラウマがあり、人と接するのが苦手だ。
・周りの人と話が噛み合わない。
・周りが自分に関心を持ってくれない。
・自分と属性の違うグループの中で孤立している。
・既に出来上がっている人間関係の中に入っていかなければならない。

こういった悩みを抱えている人は少なくない。そんなとき、どう感じるだろうか。共通して抱く思いは、こんなものではないだろうか――「自分の居場所がない」。

生きていれば必ず他人と関わり、何らかの集団に属し、そこで人間関係を築く必要がある。常に自分らしく堂々としていられればいいが、時には、自分の存在に自信が持てなくなってしまうことは、きっとある。

こうした状況に悩む人に「あなたは無理していないだろうか?」と問いかけるのが、放送作家の渡辺龍太氏による『自分の居場所はどこにある?――SNSでもリアルでも「最高のつながり」の作り方』(CCCメディアハウス)だ。

「自由」であることは居心地が悪い

著者の渡辺氏自身、もともと居場所を作るのが得意ではなく、かつてはコミュニケーションに苦しんだという。だが、アメリカ留学中に即興演劇(インプロ)をベースにしたコミュニケーション術を学んだことで、今では多くの友人に恵まれ、テレビ業界という特殊な世界で人脈を広げている。

そんな渡辺氏によれば、「居場所がない」ことは孤独とは違う。集団の中で自分の「役割」が分からず、取るべき行動が思いつかない状態に陥ったときに、人は居場所がないと感じる。家庭や職場などさまざまなシチュエーションがあり、一時的もしくは長期にわたることもあるが、問題の根幹は同じだという。

そこで本書は、こう主張する。人間関係で悩む必要がない、居心地のよい居場所を確保するためのコミュニケーション方法は「インプロ」を通して学ぶことができる――。

なぜ、インプロなのか。台本もなく、ただ「好きに芝居をしろ」と言われても、ほとんどの人は何をすればいいか分からずオロオロしてしまうだろう。いきなり白い紙とペンを渡されて「今すぐ自由に描け」と言われたのと同じで、選択肢が多過ぎて戸惑ってしまう。

それは、人生という筋書きのない舞台でも同じ。たくさんの選択肢の中から自由に選べることはいいことだと思われがちだが、実は、「人間にとって『自由』というのは、非常に居心地が悪いもの」なのだと渡辺氏は言う。

なぜ自由(=選択肢が多過ぎる)だと居心地が悪いかと言えば、「何をしてもいい」という状況では、かえって「何をどうするか」という目的を自分の中で設定できないからだ。居心地が悪ければ、当然、そこに自分の居場所を見いだすことはできない。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月