最新記事

自己啓発

人と接するのが苦手? 周りと噛み合わない? 人間関係に効く「即興演劇」の技術

2019年10月31日(木)16時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

PeopleImages-iStock.

<誰しも「自分の居場所がない」と感じることがある。即興演劇(インプロ)をベースにしたコミュニケーション術が、そうした悩みを解決してくれるかもしれない>

・常に他人の目が気になってしまう。
・イジメなどのトラウマがあり、人と接するのが苦手だ。
・周りの人と話が噛み合わない。
・周りが自分に関心を持ってくれない。
・自分と属性の違うグループの中で孤立している。
・既に出来上がっている人間関係の中に入っていかなければならない。

こういった悩みを抱えている人は少なくない。そんなとき、どう感じるだろうか。共通して抱く思いは、こんなものではないだろうか――「自分の居場所がない」。

生きていれば必ず他人と関わり、何らかの集団に属し、そこで人間関係を築く必要がある。常に自分らしく堂々としていられればいいが、時には、自分の存在に自信が持てなくなってしまうことは、きっとある。

こうした状況に悩む人に「あなたは無理していないだろうか?」と問いかけるのが、放送作家の渡辺龍太氏による『自分の居場所はどこにある?――SNSでもリアルでも「最高のつながり」の作り方』(CCCメディアハウス)だ。

「自由」であることは居心地が悪い

著者の渡辺氏自身、もともと居場所を作るのが得意ではなく、かつてはコミュニケーションに苦しんだという。だが、アメリカ留学中に即興演劇(インプロ)をベースにしたコミュニケーション術を学んだことで、今では多くの友人に恵まれ、テレビ業界という特殊な世界で人脈を広げている。

そんな渡辺氏によれば、「居場所がない」ことは孤独とは違う。集団の中で自分の「役割」が分からず、取るべき行動が思いつかない状態に陥ったときに、人は居場所がないと感じる。家庭や職場などさまざまなシチュエーションがあり、一時的もしくは長期にわたることもあるが、問題の根幹は同じだという。

そこで本書は、こう主張する。人間関係で悩む必要がない、居心地のよい居場所を確保するためのコミュニケーション方法は「インプロ」を通して学ぶことができる――。

なぜ、インプロなのか。台本もなく、ただ「好きに芝居をしろ」と言われても、ほとんどの人は何をすればいいか分からずオロオロしてしまうだろう。いきなり白い紙とペンを渡されて「今すぐ自由に描け」と言われたのと同じで、選択肢が多過ぎて戸惑ってしまう。

それは、人生という筋書きのない舞台でも同じ。たくさんの選択肢の中から自由に選べることはいいことだと思われがちだが、実は、「人間にとって『自由』というのは、非常に居心地が悪いもの」なのだと渡辺氏は言う。

なぜ自由(=選択肢が多過ぎる)だと居心地が悪いかと言えば、「何をしてもいい」という状況では、かえって「何をどうするか」という目的を自分の中で設定できないからだ。居心地が悪ければ、当然、そこに自分の居場所を見いだすことはできない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国中心に発電事業拡大、世界の生成AI電力需要に貢

ビジネス

午前の日経平均は反落、欧州株安や世界経済減速懸念が

ワールド

ドイツ税収、5月は前年比2.6%増 通年で4%増見

ビジネス

英競争当局、米HPEのジュニパーネットワークス買収
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中