最新記事

時間管理術

ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術はこうして生まれた

2019年3月22日(金)06時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

時間を区切って勉強する――「ただそれだけ?」と思われるかもしれない。

だが、限られた時間でタスクを終えた充実感と、時間内でやり遂げなくてはいけないという集中力の虜(とりこ)になったことが、シリロがその経験をポモドーロ・テクニックとして洗練させていくきっかけになった。

その後、勉強、後に仕事の能率を高めることに打ち込んだシリロは、「1ポモドーロ」の適切な長さ(今でこそ1ポモドーロの単位は25分だが、最初に試したのは2分だったという)と休憩時間、持続可能な回数などを研究し続け、人間にとって最大限の生産性と効率性を引き出せる時間が「25分+5分」であることを突き止める。

それが集中力や意識を向上し、モチベーションを高め、粘り強さにつながり、結果として生産性の向上になるとして世界中で支持を得ているのだ。

そのポモドーロ・テクニックだが、具体的な手順は以下の6つのステップから成る。


ステップ1:実行するタスクを決める。
ステップ2:タイマーを25分に設定。
ステップ3:タイマーが鳴るまでタスクを行う。
ステップ4:タイマーが鳴ったら作業を終了し、「今日やること」シートにチェックマークを付ける。
ステップ5:5分間の休憩を取る(その際、深呼吸したり、瞑想したり、コーヒーを飲むなど、仕事とはまったく関係のないことをして脳を休ませる)。
ステップ6:ポモドーロを4回した後に長い休憩(20〜30分)を取る(次のポモドーロで新しいタスクができるように完全に脳を休ませる)。

※シリロの公式サイトhttps://francescocirillo.com/pages/pomodoro-techniqueより

警戒すべき「内的中断」が発生する理由

25分という時間は、集中力に自信がある人にとっては短すぎるように思えるかもしれない。しかし、25分間たった1つのタスクに完全に没頭し続けるということが、いかに難しいことであるかはポモドーロ・テクニックを実際にやってみれば分かるだろう。

電話や来客など自分では制御できないことは「外的中断」と呼ぶが、それによりポモドーロは無効となる。1からやり直しだ。一方、メールをチェックしたくなったり、誰かに連絡する必要を急に思い出したり、他の人を気にしたりしてしまうのは「内的中断」で、これもポモドーロを無効にする。他の仕事と一緒にやるマルチタスクは言うまでもない。

特にシリロが警戒するのは、この内的中断である。内的中断が起こるのは、さほど重要ではないことをやっているときなどで、そもそもの目標設定が適切でないことに原因があるからだ。心に疑問や不安をもったままで物事を遂行しようとすれば、先延ばしをしようとしたり、他のことに目移りしたりするのも当然だという。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

独連邦裁、VWにディーゼル車をローンで購入した顧客

ビジネス

日経平均は反落、模様眺めでも改めて上値の重さ意識

ワールド

英、アフガン駐留軍をほぼ完全撤退へ 米の計画に合わ

ビジネス

午後3時のドルは108円後半、一時3週ぶり安値

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月