最新記事

ライフスタイル

あなたを閉塞感から救ってくれる? 猫に学ぶ生き方から、多様性の時代の哲学まで...いまオススメの本

2022年11月25日(金)17時04分
flier編集部

SrdjanPav-iStock

<自分の心、仕事、生活、勉強...生きづらさを感じる人たちにオススメしたい本など、いま各出版社がイチオシする本を紹介>

各出版社の「これはぜひ推したい!」という本を揃えたコーナー、「出版社のイチオシ」です。フライヤーで要約をご紹介しきれない書籍の中で、各出版社のオススメを記事形式でご紹介します!
※この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載(前半はこちらから、後半はこちらから)です。

◇ ◇ ◇


発達障害を基礎の基礎から知る

リワーク専門の心療内科の先生に
「働きながら発達障害と上手に付き合う方法」を聞いてみました

 著者:亀廣聡、夏川立也
 出版社:日本実業出版社
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

いきなりですが、「発達障害」は何科でどのように診断するか知っていますか?

答えを言うと、精神科や心療内科で、診察や認知検査して総合的に判断されます。そんな、そもそもも知らなかったのが、この本の企画のスタートでした。

グレーゾーンをはじめ「発達障害」は注目度が増していますが、では、自分や周囲の人が「もしかして、発達障害かもしれない」と思ったら、すぐに心療内科に行こうと思いますか?

心療内科の門をたたくのは、なかなかハードルが高いのでは......。

そこで、心療内科を受診したら、どんなふうなんだろうというのを、大阪の枚方に実在するリワーク(復職)専門の「ボーボット・メディカル・クリニック」を舞台に知ることができるのが、この本です。

心療内科の先生が教えてくれるのは、発達障害は病気ではなく「脳の特性」ということです。そして、「感情のコントロールが苦手」「空気が読めない」「こだわりが強い」など発達障害からくる生きづらさから、メンタル不調を引き起こしている人も増えています。

「発達障害って何?」「どうやって診断するの?」から、「いかに上手に付き合うか」まで、よくわかります。

第一編集部 川上聡

一番幸せな生き方をしているのは?

閉塞感がニャくなる魔法の言葉88
 著者:矢作直樹
 出版社:ワニブックス
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

「なぜ人は猫の生き方に憧れるのでしょうか?」

「他人におもねらない、他人と自分を比較しないというのは、一番幸せな生き方だからです」

私のふとした疑問に対して、著者である矢作直樹先生からの返答が本書誕生のきっかけになりました。

猫はいつも気ままで、自分中心。他人の目ばかり気にしがちな日本人とは正反対な生き方です。「だからこそ日本人は猫が好き」と矢作先生は続けました。

そういえば以前、バズる動画は犬ではなく猫ばかりと聞いたことがあります。猫は寝たい時に寝たい場所で寝たいだけ寝る――そんな〝自分軸〟を持った生き方に、私たちは羨望の気持ちを抱くのでしょう。

食べたい時に食べる、気が赴くままに歩いてみる、歩きやすい靴を履く、空を見上げるなど、本書には人生を気楽に生きるためのメソッドが詰まっています。何かとストレスフルな昨今ですが、己の五感を磨き、直感を大切にすることで、自分らしく生きてみてはいかがでしょうか。

岩尾雅彦

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺さぶ

ビジネス

米家計資産、第3四半期は3四半期連続で減少 株安響

ワールド

原油先物が下落、週間の下げ幅は数カ月ぶりの大きさ

ビジネス

NY外為市場=ドル/ユーロ上昇、米PPI受け利上げ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月