最新記事

ビジネス

なぜ胃腸科の専門医は「朝食にパンを食べるな」という本を出したのか...いまイチオシの4冊

2022年9月21日(水)17時58分
flier編集部

kuppa_rock-iStock

<IT内製化の道筋、名著『失われた時を求めて』コミック版、専門医が教える食の「誤解」、好きなことを仕事にして成功する術──。いまイチオシの4冊の本>

各出版社の「これはぜひ推したい!」という本を揃えたコーナー、「出版社のイチオシ」です。フライヤーで要約をご紹介しきれない書籍の中で、各出版社のオススメを記事形式でご紹介します!(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)

◇ ◇ ◇


IT内製化に向けた第一歩となる1冊

220920fl_ieb01.jpg

ITエンジニア採用とマネジメントのすべて
「採用・定着・活躍」のポイントと内製化への道筋が1冊でわかる

 著者:久松剛
 出版社:かんき出版

多くの企業では、少子化を背景に人手不足が加速している状況でしょう。DXのトレンドによって、特に採用が難しくなっているのが「ITエンジニア」です。

本書は、著者が10年以上の歳月をかけて培った、
・ITエンジニア採用を成功させる具体的な手法
・入社後の定着、活躍に必要なポイント
・ITエンジニアとの付き合い方
など、「ITエンジニア採用とマネジメント」に必要なノウハウを1冊に凝縮したものです。

著者は様々な企業規模、予算規模でITエンジニア採用、マネジメント業務に奔走していた経験があるため、本書で公開されている内容は、どんな企業でも実践可能なレベルに落とし込まれています。また、採用難に至る歴史的な背景から述べられているため、採用シーンの現状を整理できる作りになっています。

人事担当者のような現場担当者の役に立つのはもちろん、本書を社長、役員などの経営陣に手渡せば、IT内製化に向けて社内のすり合わせがスムーズに行われるはずです。
(編集部 金山哲也)

難解な名著をコミック版で

220920fl_ieb02.jpg

失われた時を求めて フランスコミック版
 花咲く乙女たちのかげに

 著者:マルセル・プルースト
 イラスト:ステファヌ・ウエ
 翻訳:中条省平
 出版社:祥伝社

いつかは読みたい文学作品といえば、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』ではないでしょうか。全7篇からなる長編で、文章も難解。途中で挫折した方も多いはず。そこでおすすめしたいのが、このコミック版です。

本書は、『失われた時を求めて』の第二篇「花咲く乙女たちのかげに」を原作に忠実にコミック化した作品の翻訳です。原本はフランスだけで10万部以上も売れている人気シリーズ。本国フランスでは、大学や高校の授業にも採用されています。

小説の世界観はそのままに、ストーリーも枝葉の部分を落としただけで、あくまで原作のまま、安易な意訳・超訳とは一線を画している編集も素晴らしい。そして、オールカラーの美しく細密な絵。作品舞台となるサロンをはじめ、建物、街並、服装などが忠実に再現されているので、作品の時代や舞台背景が具体的なイメージとなって浮かび上がります。

翻訳版で特筆したいのが、中条省平さんの訳と解説です。中条さんが「映画の字幕のように訳したい」と意識された文章の心地よさ。詳細な註と解説も、この大作を味わうための最良のガイドです。

第1篇「スワン家のほうへ」の出版から6年。多くの読者の方から、続編のお問い合わせを頂戴し、第2篇の刊行はまさに「お待たせしました」という気持ちです。

1コマの中に、小説数行に当たる内容が凝縮されている箇所もあるので、小説と照合しながら読むのも楽しい。20世紀最高傑作かつ最大で難関といわれる作品を味わうための緒(いとぐち)の本として、自信をもっておすすめします。
(書籍編集部 栗原和子)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、企業に手数料廃止や値下げ要請 高

ビジネス

TikTok、売却回避に向けた計画が前進=米紙

ビジネス

英ポンド、対ドル等価割れへ 下落は「経常収支危機」

ワールド

ブラジル大統領選、ルラ氏が支持率リード小幅拡大=世

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月