最新記事

ビジネス

英語の勉強を始める前に読んでおきたい「英語術」の本...ほか、いまオススメの4冊

2022年9月14日(水)18時11分
flier編集部

sakai000-iStock

<『ビル・ゲイツの思考哲学』『同時通訳者が教える本当に使える英語術』『現代用語の基礎知識 学習版』『「ヤングケアラー」とは誰か』いま読んでほしい4冊を紹介>

各出版社の「これはぜひ推したい!」という本を揃えたコーナー、「出版社のイチオシ」です。フライヤーで要約をご紹介しきれない書籍の中で、各出版社のオススメを記事形式でご紹介します!(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)

◇ ◇ ◇


世界的な天才たちの行動理念に迫る

HOW TO THINK LIKE Bill Gates
 ビル・ゲイツの思考哲学

 著者:ダニエル・スミス
 出版社:文響社
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)


「世界的な天才と自分は一体何が違うのだろう?」

誰しも、そんな風に考えたことがあるのではないでしょうか。本作「HOW TO THINK LIKE」シリーズでは世界的偉業を成し遂げた天才たちのエピソードと発言をまとめ、彼らの行動理念「思考哲学」に迫ります。

第一弾の主人公は、Microsoftの生みの親にして、億万長者のビル・ゲイツ氏。近年では慈善事業にも力を入れていることから、平和主義の聖人君子のようなイメージが強くなっています。しかし、その実態は、課題解決に底知れぬ執念を持ち、事業の改善や勝つためのチャンスを掴むためならどんなこともいとわない超努力型の人間であることをご存知でしょうか?

「困難に対してクリエイティブな方法で向き合えば人生は楽しくなる」
「笑われるようなアイデアがなければ、独創的なアイデアとはいえない」
「一番不満を持っている顧客から、一番多くを学ぶことができる」

彼の思考哲学は、個性的ですがとてもシンプル。特別な才能を持たずとも、ほんの少し背伸びをすれば真似ができ、それでいて、心を熱くしてくれるものばかりです。ぜひ本書を通じて、ビル・ゲイツの思考哲学、足跡を追い、人生を楽しむヒントと勇気を手にしてください。
(編集部 麻生麗子)

英語学習を始める前に手に取りたい英語術の本

新しい英語力の教室
 同時通訳者が教える本当に使える英語術

 著者:田中慶子
 出版社:インプレス
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)


英語を学びたいと思って奮い立つもいつの間にか挫折してしまう人は少なくないでしょう。多忙な現代人ならなおさらです。本書は、英語学習の挫折体験を持つ人やこれから学びたい人に向けて、日本トップクラスの同時通訳者・田中慶子さんによる、英語を使うための考え方や学ぶためのプロセスを解説した書籍です。

何のために英語を学びたいのか、どんな学習スタイルが自分に合っているのかを根本から紐解き、モチベーションを維持しながら今の自分に必要な英語力を身につけていく、といった英語学習に最も必要なマインドセットに重点を置きながら丁寧に解説しています。

また、神ワザともいわれる同時通訳の現場で「相手の言っていることがわからないときにどうするのか」といった通訳テクニックも掲載しているので、実際の英会話の参考になるでしょう。

本書は英語のフレーズ集や文法の解説書ではありません。まず英語学習を始める前に手に取っていただきたい1冊です。
(編集担当・渡辺)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イタリア総選挙、右派連合が圧勝 初の女性首相誕生の

ビジネス

中国人民銀、元安抑制へ外為フォワード取引の準備金再

ビジネス

1─7月のドイツ原油輸入、前年比13.5%増 ロシ

ビジネス

北朝鮮、核実験実施含めさらなる挑発行為の可能性=官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月