最新記事

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛り上がっている訳

NEW CRYPTO ASSETS

2021年4月15日(木)18時38分
ドラガン・ボスコビッチ(アリゾナ州立大学研究員)

「ビープル」が売り出したデジタル画像作品は6930万ドルで落札 2021 BEEPLEーREUTERS

<唯一無二の所有権を証明できるトークンは、商標や特許、スキルの履修証明まで可能にする>

NFTのことを詳しく聞かせてほしい──先日、弁護士をしている友人から突然尋ねられた。

NFTとは、「ノンファンジブル・トークン(非代替性トークン)」の略。デジタル資産の一種だ。この友人がNFTに興味を抱いたきっかけは、3月11日に大手オークション会社クリスティーズで、あるデジタルアートの作品が途方もない金額で落札されたことだった。

その作品は、5000点のデジタル画像を合成して作ったコラージュ作品だ。「ビープル」という名義で活動するアーティストのマイク・ウィンケルマンが制作し、それをNFT化して売りに出した。オークションは100ドルで始まったが、落札価格は最終的に6930万ドルにまで跳ね上がった。

NFTをめぐる最近の大きな話題はこれだけではない。「ニャンキャット」というアニメ画像や、ツイッターの創業者ジャック・ドーシーが最初に投稿したツイートがNFT化されて売り出されて話題になった。ニューヨーク・タイムズ紙のコラムのNFTが50万ドル余りで売れたというニュースもあった(その売り上げは慈善事業に寄付された)。

ツイッターの書き込みのような無形のものが売買されるためには、2つの条件が満たされなくてはならない。1つは、それが唯一無二のものであること。もう1つは、所有者を特定できることだ。

NFTでは、ブロックチェーンのテクノロジーを用いることにより、この2つの条件を満たす。ブロックチェーンのネットワークでは暗号技術が活用されているので、そこに記録された取引データを不正に変更することは極めて難しい。

ブロックチェーンはもともと、ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)など、代替可能なデジタル資産(同じ価値のものがいくつも存在する)の取引を円滑化するために考案された。しかし次第に、非代替性のデジタル資産(唯一無二のものであることを証明できる)をつくり出す手段としても用いられるようになってきた。

NFTのほとんどは、「イーサリアム」と呼ばれるブロックチェーンの「ERC721」という規格に基づいて発行、取引されている。NFTを購入した人は、絵画の原画を保有しているのと同じように、自分が所有しているデジタルファイルのコピーがオリジナルであることの証拠を手にできる。

普及のきっかけはゲーム

NFTが広く知られるようになったきっかけは、2017年の後半にリリースされた『クリプトキティーズ』というゲームだった。これは、バーチャルなネコを購入して交配させ、独自のネコを育てるゲームだ。唯一無二のネコをつくり出し、市場で売買できるようにするために、NFTを活用したのである。

このデジタルネコがブームになって以降、NFTのゲームへの導入が本格化していった。ユーザーがゲーム内のアイテム(戦闘で用いる盾や剣など)やグッズ類をNFTの形で獲得できるようにする動きが目立つようになったのだ。

NFTが活用される場は、ゲームだけにとどまらない。NFTはNBA(全米プロバスケットボール協会)のバーチャル・トレーディングカード、音楽、デジタル画像、動画の売買にも用いられ始めている。

NFTの市場について調べているウェブサイトの「ノンファンジブル・ドットコム」によれば、米NFT市場の規模は2億5000万ドル相当。巨大な規模に膨れ上がっている仮想通貨市場に比べれば、お話にならないくらい小さな市場だ。

しかし、コンテンツ制作者にとってNFTが魅力的なツールであることには変わりない。最初にNFTを売り出すときに設定する契約次第では、その後にNFTが売買されるたびに代金の一定割合を受け取れるようにすることも可能だからだ。

NFTの市場は、今後もさらに拡大していく可能性が高い。NFTを用いることにより、デジタル資産を効率的に管理・保護できることの利点は大きい。それに、どのようなデジタル情報も簡単にNFT化することができる。

さまざまな証明ツールにも

ただし、懸念材料もある。NFTに対しては、地球環境に優しくないという批判がある。ブロックチェーン技術は、莫大なエネルギーを消費するからだ。例えば、イーサリアム上でNFTの取引が1回行われるたびに、アメリカの平均的な家庭2世帯の1日の電力消費量に匹敵する電力が用いられる。

現在のブロックチェーン・ネットワークのほとんどは、「マイニング」と呼ばれる作業によってセキュリティーを確保している。マイニングには大量のコンピューター処理能力が必要とされるので、膨大な量の電力が消費されるのだ。

それでも、この点に関して明るい兆しも見えている。イーサリアムのテクノロジーは今も進化の途上にあり、必要とされるコンピューター処理能力は少なくなりつつある。それに、「カルダノ」という新しいブロックチェーン技術のように、そもそも電力消費量を少なく抑える前提で開発されたテクノロジーも登場し始めている。

差し当たりNFTの未来は、環境に優しいブロックチェーン技術の開発がどのくらい速く進むかに大きく左右されるのかもしれない。地球温暖化に強い危機感を抱くアーティストの中には、環境への悪影響を懸念してNFTに否定的な立場を取っている人たちもいるのだ。

現在のNFT狂騒曲が長続きするにせよ、短命で終わるにせよ、NFTが既に、デジタル経済に向けたイノベーションの潮流を加速させたことは間違いない。

近年、人々はますます「暗号経済」に前向きになっていて、新しいビジネスの可能性をつくり出すために短期のリスクを受け入れるようになってきている。最近のNFTブームは、図らずもそのことを浮き彫りにした。

今後も、アートやゲームはNFT市場の主力分野の1つであり続け、向こう数年の間でこの分野はさらに成熟していくだろう。ただ、NFTの利用はそれ以外の分野にも拡大していきそうだ。

NFTは、商標や特許などの権利の証明、スキルの認定や研修の履修証明などを行う上でも極めて強力な手段になる可能性を持っている。もしかすると、デジタルアート作品の取引とは比べ物にならないくらいさまざまな分野で、NFTが活発に用いられる時代がいずれやって来るかもしれない。

The Conversation

Dragan Boscovic, Research Professor of Computing, Informatics and Decision Systems Engineering, Arizona State University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月