最新記事

AI時代の英語学習

すでにTOEIC960点越え、日本の第一人者に「国産」機械翻訳について聞いた

2020年2月26日(水)14時00分
高木由美子(本誌記者)

――(NICTがシステムを提供する)翻訳エンジンTexTra(テキストラ)やVoiceTra(ボイストラ。AI通訳機「ポケトーク」にもこの技術を提供)は、技術を公開すると同時に技術向上のために情報も集めているのか。

音声情報を集めている。アナウンサーのようなきれいな発音、正しい文法だけに対応するのでなく、活舌が悪かったりいい加減な話し方だったりしても音声認識機能を上げられるよう、リアルな音声データを集める。

ただし、GAFAは「コンテンツ」情報も見ている。利用者がどういうことに興味があるか、どういう単語を使っているか、を調べて広告を売るためにも情報を集めているが、NICTはシステムを向上させるためだけにデータを集めている。

――現在のところ、自動翻訳で事足りるのはどんな場面か。

生活一般のところは自動翻訳で賄える。ビジネスに関しては、交渉に使えるようになるのはあと10年後ぐらいだろう。さらに言えば、対面なら少し間違いがあっても相手の反応で分かるが、電話など(相手の反応が見えない状況)だと、今の技術ではまだ難しい。

――ニュース記事や文学作品の翻訳については、自動翻訳でできるようになるのか。

文学作品は、(自動翻訳では)永遠にできないだろう。特許や製薬などの文章は、非文学的で味もそっけもなく、正確であれば直訳でもいい。こうした文章はたくさんのデータがあれば「平均値」が出る。文学はこれとは真逆で、「平均的」ではないので永遠に自動翻訳ではできない。

新聞記事について言えば、文章の前のほうで述べたことに後半の文章が依存する。機械翻訳は1文ずつしか翻訳できないので、これを処理するのが難しい。だが、いずれコンピューターの能力が上がり、文脈処理までできるようになれば、新聞記事の翻訳も可能になるかもしれない。

――今後、自動翻訳はどの程度進化する?

データの量が多ければ、そして良いアルゴリズムがあれば、性能は上がり続ける。しばらくは、性能の限界は来ないだろう。

一方で、天気予報と同じようにたくさんのデータから明日の天気を計算しているだけなので、当たるときもあれば当たらないときもある。その程度だと思って使うのがいい。とはいえ、日常的に天気予報をある程度信用して見ているのと同じように、機械翻訳もある程度信用して使うと効率を上げることができる。

コンピューターが誤訳することを知らないで使っている人が多い。(翻訳文や通訳音声が)けっこうきれいなので(勘違いしてしまいがちだが)、たまに誤訳が入ることに注意しなければならないことを知ってもらいたい。

インタビュー後編では、自動翻訳をどのように活用すればいいか、今後はどのような英語学習が必要とされるかについて、NICTの隅田フェローについて聞いている。

20200303issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月3日号(2月26日発売)は「AI時代の英語学習」特集。自動翻訳(機械翻訳)はどこまで使えるのか? AI翻訳・通訳を使いこなすのに必要な英語力とは? ロッシェル・カップによる、AIも間違える「交渉英語」文例集も収録。

ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは104円後半、人民元の反落で下げ一

ビジネス

リーマン後と異なり、コロナ後の経済はL字回復=甘利

ワールド

訂正-ドイツの新型コロナ新規感染者数が初めて1万人

ワールド

タイ政府、緊急措置を解除 デモ隊からは不満の声

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 8

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 9

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月