最新記事

貿易

自動車工場、メキシコへ行く

世界のほぼすべての主要メーカーがメキシコに集結している理由は?

2014年9月9日(火)15時35分
アンジェロ・ヤング

中部グアナフアト州にあるホンダの新工場 Henry Romero-Reuters

 韓国の起亜自動車が10億ドル以上を投じてメキシコに同社初の自動車生産工場を建設する──メキシコ経済にとっては極めて重大なニュースだ。同国のペニャ・ニエト大統領もこの知らせを自ら発表。自動車工場を世界から誘致する決意をあらためて強調した。

「アメリカ工場が生産能力の限界に達した起亜は、最近の自動車業界の流行に乗った。メキシコならアメリカのすぐそばで生産できるし、アメリカよりも多くの自由貿易協定を結んでいるというメリットもある」と、工場用地選定の専門家ディーン・バーバーは言う。

 世界第2の自動車市場と国境を接するメキシコは、カナダ、アメリカ、メキシコが締結したNAFTA(北米自由貿易協定)が94年に発効してからは特に、自動車の生産拠点として理想的な場所になった。最近の調査では、北米を走る自動車5台のうち1台がメキシコ製だ。

 韓国の大手自動車会社が進出すれば、世界のほぼすべての主要メーカーがメキシコに集結することになるだろう。

 人件費の安いメキシコで製造される車は、これまでトラックやSUV、小型セダンなど、高級車に比べて利益率が低い車が主体だった。だが近年は労働者の技術が高まり信頼性が向上したため、高級車の生産も始まろうとしている。

 ダイムラーと日産自動車は中部のアグアスカリエンテス市で高級車生産を始めると6月に発表した。約13億6000万ドルを投じ、共同生産用の工場を造る。17年には日産のインフィニティを、翌年からはメルセデス・ベンツの生産を開始する。ライバルのBMWも直後に10億ドル規模の新工場建設を発表。19年から年間約15万台を生産する予定だ。「メルセデスやBMWが生産するとなれば、もはやメキシコは低価格車専業国とは言われなくなる」と、バーバーは言う。

 11年以降、自動車産業関連の直接投資は約100億ドルに達した。北米市場の裏庭だったばかりでなく、貿易自由化の波に乗った成果だろう。

[2014年9月 9日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中