最新記事

ユーロ危機

優等生スロベニアがキプロスの余波でピンチ

破綻した地中海諸国と違い、スイスのような堅実さを誇りにしてきたスロベニアの無念と危険

2013年4月18日(木)16時10分
ポール・エイムズ

「第2のキプロス」? 金融危機で景気後退に見舞われ、給与カットに抗議する公務員 Srdjan Zivulovic-Reuters

 中欧の小国スロベニアは1991年に旧ユーゴスラビアから独立を宣言して以降、スイスのような堅実さを自負してきた。ギリシャやイタリア、キプロスのように理性を欠き、自ら危機を招いた地中海諸国とは違うというわけだ。

 それだけに、自国が「第2のキプロス」と呼ばれ始めたときの無念さは想像に余りある。「国民は心配している」と、スロベニア選出の欧州議会議員、タニヤ・ファヨンは言う。「独立後の20年を振り返っても、今ほど悲観的だったことはない」
銀行不安に端を発したキプロス危機は先月下旬、ユーロ圏の金融支援でひとまず落ち着いた。しかし今度はその余波が、スロベニアを脅かしている。

 ユーロ圏がキプロス支援の条件として大口預金カットなどの負担を強いたため、同じく銀行不安を抱えるスロベニアでは預金口座の凍結や引き出し制限がいつ行われるか分からないという恐怖が広がっている。取り付け騒ぎが起これば、国家が破綻しかねない。

 人口200万人のスロベニアは欧州新興国の模範だった。04年にEUに加盟してから5%以上の成長となり、個人所得も一部の欧州先進国を上回った。07年には旧共産圏の国として初めてユーロ加盟も果たした。

 それが翌年の世界金融危機で脱線した。09年の経済成長率はマイナス7.8%、昨年も2.2%のマイナス成長だった。銀行は好景気の頃のリスクの高い投資のせいで90億ドルの不良債権を抱えている。

 IMFの試算では、スロベニア政府は今年38億ドルを国外から調達する必要があるが、「第2のキプロス」不安で市場からの借り入れコストは過去最高水準。10年物国債の利回りは6.3%と、財政破綻のめどになる7%に近づきつつある。

 もっとも、スロベニアの状態はキプロスより良好だとエコノミストたちは言う。スロベニアの銀行資産はGDPの140%だが、キプロスは700%だった。経済の金融部門への依存度もはるかに小さい。政府債務のGDPに対する比率はキプロスの93.1%に対して59.5%だ。

 先月誕生した新政権が計画どおりに銀行改革を進めれば、危機は回避できると専門家は言う。ただしそれは、預金者がパニックを起こさなかった場合。キプロスで悪しき前例を作ったユーロ当局の短慮が悔やまれる。

From GlobalPost.com特約

[2013年4月16日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

FRB議長講演、債券市場関係者は失望 利回り上昇へ

ビジネス

午前の日経平均は大幅続落、570円安 米長期金利上

ビジネス

中国、21年成長率目標は6%以上 都市部で雇用創出

ワールド

中国、香港への外部勢力干渉を「断固阻止」 全人代で

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月