最新記事

資源

日本がエネルギー大国へ?「燃える氷」に熱い期待

海底のメタンハイドレートからのガス採取に成功し、日本版「シェール革命」に期待がかかる

2013年4月11日(木)14時33分
アンソニー・フェンソム

エネルギー自立へ 日本周辺海域では海洋資源の調査・開発が続く Kiyoshi Ota-Bloomberg/Getty Images

 日本近海の海底に眠る「燃える氷」が日本の天然ガス需要を今後100年間賄う──というのは政府の幻想だろうか。

 日本は資源に乏しく、エネルギー供給はもっぱら輸入頼み。膨大なガス資源が自国の排他的経済水域(EEZ)に眠っているとしたら、日本にとっては形勢逆転のチャンスだ。

 日本政府は3月中頃、海底下のメタンハイドレート(天然ガスの一種であるメタンガスと水が結晶化した氷状の物質)からガスを採取することに世界で初めて成功したと発表した。愛知・三重両県沖の海域(東部南海トラフ)で深度約1000メートルの海底面からさらに約330メートル掘削。メタンハイドレート層の圧力を下げる「減圧法」でメタンハイドレートを水とガスに分解し、ガスだけを回収した。

 この海域のメタンハイドレート埋蔵量は推定1・1兆立方メートルで、日本の液化天然ガス(LNG)輸入量の11年分に相当する。日本近海には、現在の天然ガス消費量の約100年分に当たる7兆立方メートルのメタンガスが埋蔵されているともいわれる。

 経済産業省は来年度にもガス産出試験を再度実施し、15年度に開発コストの試算を発表する構えだ。3月に政府がまとめた「海洋基本計画」の原案は、18年度までにメタンハイドレートの生産技術を開発し、23年以降の商業化を目指すとしている。「日本はついに独自のエネルギー資源を獲得するかもしれない」と独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の川本尚実(たかみ)は言う。

 JOGMECは08年、カナダの永久凍土内のメタンハイドレート層から6日間連続でメタンガスを産出する試験に成功した。メタンハイドレートのほとんどは海底にあるとみられ、海底から採取可能となれば、資源に乏しい日本にとって重要な変化を意味する。

「採取できることは分かった。次の課題はどこまでコストを抑えて採算の取れる生産技術にできるかだ」と、産業技術総合研究所の佐藤幹夫は語っている。

生産コストが最大の壁に

 日本はLNGでは世界最大、石炭では世界第2位の輸入国だ。エネルギー価格の高騰で昨年の貿易赤字は史上最大となり、今年2月には円安も響いて輸入額は前年同月比でLNGが約19%、原油は約12%急増した。こうした対外依存は日本の戦略的弱みとなってきただけに、今回の産出成功は朗報だ。

 世界全体のメタンハイドレートの推定埋蔵量は、少なくとも約2800兆立方メートル。全米の天然ガス消費量の4000年分に相当するが、米地質調査所によれば、「濃集度や技術的な問題でエネルギー資源調査の対象になり得るのはごくわずか」だという。

 最大の壁はコストだ。海底のメタンハイドレートからガスを産出するコストは、天然ガスの取引単位である100万BTU(英国熱量単位、天然ガス25立方メートルに相当)当たり約50ドルの見込み。一方、アメリカ国内のシェールガスは3ドル、日本が輸入しているLNGは15ドルだ。

 環境への影響も懸念されている。メタンの温暖化効果は二酸化炭素の最大21倍ともいわれる。

 それでも、これらの壁さえクリアできれば日本のエネルギー自立も夢ではないと、米エネルギーコンサルティング会社ウッド・マッケンジーは指摘する。「本格的な商業化が可能になれば、世界のエネルギー市場における日本の位置付けは一変し、日本はガス輸入国から自給国に変わるはずだ」
 
 アメリカのシェールガスの例もある。ガス資源超大国の座も夢ではないかもしれない。

[2013年4月 9日号掲載]

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 2

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 3

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 4

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    中国の量子通信衛星チームが米科学賞受賞

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月