最新記事

米財政

債務上限問題は「1兆ドル硬貨」で解決?

米議会の債務上限引き上げ交渉、究極の危機回避策は1兆ドル硬貨の鋳造か

2013年1月24日(木)15時34分
マシュー・イグレシアス

抜け穴 紙幣はやたらと刷れないが、硬貨は好きなだけ作れる Steve Cole-Photodisc/Getty Images

 アメリカでは債務上限をめぐる民主・共和両党の攻防が山場を迎えている。このままでは2月中旬か3月上旬にも債務上限に達して政府借り入れができなくなり、デフォルト(債務不履行)に陥る恐れがある。

 保守派は11年夏と同様、債務上限引き上げと引き換えにオバマ大統領に歳出削減を迫る構えだ。その下準備として共和党のジョン・コーニン上院議員らは、政府の借り入れ能力が尽きかけている現状を一種のシャットダウン(政府機関のサービス停止)と称している。だが実際は違う。議会が承認した予算に対して当の議会がデフォルトに陥るよう仕向けているのが実態だ。

 危機を回避する方法はいろいろ考えられる。奇抜だが法律的には問題ないのが、「硬貨作戦」。財務省が額面1兆ドルのプラチナ硬貨を鋳造・発行して資金調達に利用するというものだ。

 記念硬貨の発行に関する連邦法(合衆国法典第31編第5112条)によれば、「財務長官はその折々に下した適切な指示に従った具体的な仕様、デザイン、種類、量、額面、刻印で、プラチナを用いた地金型コインおよびプルーフ貨幣を鋳造・発行することができる」とある。

 これを抜け穴に利用し、財務長官の指示で、例えば1兆ドルのプラチナ硬貨を発行する。それをFRB(米連邦準備理事会)に預けて、その「預金」口座から1兆ドル分の小切手を振り出して決済し、資金調達をするというわけだ。シンプルで効果的な解決策だ。

 条文の本来の意図とは違うのではないかという声もある。確かに本来は記念通貨発行を意図したものだが、この条文が財務長官に全面的な裁量を与えているのは紛れもない事実だ。

 越権行為じゃないかという意見もあるが、法律を変えるわけではない。財務省が法的に払うべきものを払えるようにするだけだ。インフレを誘発するという根拠もない。FRBはさまざまな量的緩和プログラムの結果、債券などの金融資産を大量に保有している。それらの債券を売って通貨供給量を減らせば通貨発行の影響は相殺できる。

瀬戸際戦術に終止符を

 悪しき前例を作るという声もあるが、それは逆。11年夏の債務上限引き上げをめぐるオバマ政権と議会の長く不毛な交渉こそ悪しき前例だ。あれがデフォルト危機を招いて消費意欲は冷え込み、「財政の崖」問題が残り、今こうしてデフォルト危機が再燃している。

 議会運営において瀬戸際戦術が繰り返される状態が定着すれば、危険で無責任だ。1兆ドルの硬貨を発行するという方法はばかげているように思えるが、通貨を発行する主権国家が支払い義務を履行できなくなるほうがよほどばかげている。議会が真っ二つに割れている今、アメリカに必要なのはきちんと機能する政治システム。債務上限を設けることが仕事でないのは明らかだ。

 だからこそ1兆ドル硬貨が必要なのかもしれない。共和党のグレッグ・ウォールデン下院議員は硬貨発行を阻止すべく、法律の「抜け穴」を塞ぐ法案を提出する意向を表明している。実にもっともな主張でオバマ政権も喜んで同意するだろう。ただし、それには他の法律も変えるという条件が伴う。必要な財政支出を借金で賄うことを禁じる法律、つまり債務上限を撤回することが条件だ。

 債務上限をなくせば政府は歳入でも歳出でも議会の意向に従い、財政赤字を借り入れによって埋め合わせるようになる。国がデフォルトに陥ることもなくなる。具体的な措置として硬貨作戦はもってこいだ。

[2013年1月22日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中