最新記事

消費

米自動車市場の急回復は本物か

アメリカ景気の先行きが不透明ななか、トヨタやホンダが3〜4割の販売増を謳歌している理由

2012年10月5日(金)16時15分
ケイトリン・フナロ

日本車復活 米自動車市場の好調を引っ張るのはトヨタをはじめとする外国メーカー Mario Anzuoni-Reuters

 世界経済の停滞が続くなか、アメリカでの自動車販売が急回復している。けん引役はトヨタ自動車やホンダなどの外国メーカー。トヨタは9月のアメリカ新車販売台数が前年同月比41・5%増、ホンダも30・9%の大幅増を記録した(米クライスラーは12%の伸びにとどまった)。

 モルガン・スタンレーの業界アナリストがロイター通信に語ったところでは、アメリカの2012年の自動車販売台数は1480万台に届きそうな勢いだという。これはアナリスト予想の1450台を上回る数字だ。

 増加の要因の一つは、車種によって無利息ローンを借りられるなど、条件のいいローンが増えてきたこと。信用危機が起きて以来、車に寄りつかなかった消費者も、こうしたローンの登場によって購買意欲を見せ始めた。

 信用度の低い消費者も、以前よりローンを借りやすくなってきた。「今はとても低い利息で金が借りられる」とトゥルーカー・ドットコムのアナリスト、ジェシー・トプラックはロイター通信に語った。「中古車の下取り価格もそれほど下がらなくなってきたし、ローンの利息も低いので、自動車メーカーは近年にない魅力的な提案ができるようになった」

ずっと我慢してきた反動?

 長引く不況で深刻な打撃を受けた自動車産業は、安定成長が訪れる兆しを歓迎している。

「ディーラーやメーカーの間では、放っておいても安定した売れ行きが期待できる環境になってきた、という感覚が広がっている。過去数年、業界全体の想像以上の落ち込みに苦しめらえてきた彼らにとって安堵感は大きい」と、エドムンズ・ドットコムのアナリスト、ジェシカ・カルドウェルはロサンゼルス・タイムズ紙に語った。

 しかし別の見方もある。米調査会社ガートナーのアナリストであるシロ・コスロースキーに言わせれば、経済はいまだ脆弱で、現在の成長ムードが長続きしない可能性がある。「今の売上増は、不況で需要が抑えられてきた反動に負うところが大きい」と、彼はタイムズ紙に語った。「ただし今の上昇傾向が今後8カ月続いたら、自動車業界の状況はかなり改善する。メーカーも低迷する世界市場での損失をいくらか補えるだろう」

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

景気「足踏みも緩やかに回復」で据え置き、生産など上
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中