最新記事

アプリ

携帯ゲーム「アングリーバード」の野望

生誕1周年を祝うため、世界各地にコスプレファンが集結。カルト的人気の「鳥」が業界地図を塗り替える

2010年12月15日(水)18時24分
アニー・ラウリー

売り上げNo1 アングリーバードを開発したロビオ社のミカエル・ヘッドCEO Georgina Prodhan-Reuters

 12月11日、ワシントンの地下鉄の駅で、空手の組手のようなものを披露する少年2人を見かけた。だが駅の雑踏の中で誰も彼らに注目しなかったし、その動きは例のイベントとも関係ないようだった。

 例のイベントとは、この日、ロンドンのトラファルガースクエアなど世界各地で行われた、スマートフォン向けゲーム「アングリーバード」の生誕1周年を祝うパフォーマンスのこと。アホみたいに単純な仕組みなのに世界中で大ヒットしているゲームの誕生パーティーだ。

 今回の世界的なイベントをウェブを通じて呼びかけたのは、このゲームを開発したフィンランドのロビオ社。誕生日を一番祝ってくれた都市には、アングリーバードの特別ステージを新たに作ると約束した。だがアングリーバードのファンたちには、そんな褒美も必要なかっただろう。なにしろ発売以来、このゲームの中毒者は世界中で続出。ロビオは携帯電話よりもっと儲かる市場への進出も目論んでいる。

 ゲームの内容はこんな感じだ。丸い緑色の豚が、極太眉で羽根なしの鳥から卵を盗む。怒った鳥は豚に仕返しをする。プレイヤーは携帯電話のタッチスクリーンを操作して、パチンコ玉のように鳥を飛ばして豚の家などにぶつける。家が壊れたら成功で、ポイントが獲得てきる。

 本当にばかみたいに単純だから始めるのは簡単だが、やめるのは難しい。ロビオはiPhone版だけで1日に累計約110万時間分もプレーされているという。ヘルシンキを拠点とするロビオは、アングリーバードを昨年12月に発表した。初めは地元で人気が高まり、次にヨーロッパ、そして世界へと急速に広がっていった。

 イギリスのiPhoneアプリストアでは2月に売上1位に輝き、その数カ月後にはアメリカでも1位に。アップルは先週、2010年に最も売れたアプリだと発表した。iPhone版のダウンロード数は3000万件に上る(1回のダウンロードで約1ドル)。

 グーグルの携帯電話用OSアンドロイドなら、無料でダウンロードできる。アンドロイド版には現在500万人が登録しており、毎月の広告収入は100万ドルにもなる。すべてのバージョンを合わせると、総ダウンロード数は5000万件だ。

プレステやWiiでも遊べるように

 携帯業界を制覇したロビオは、ほかのハイテク業界にも目を向け始めた。ある幹部に言わせれば、アングリーバードは「携帯電話用に開発され、その後あらゆる分野に進出している初めてのブランド」だ。

 ロビオは最初、多くの携帯電話用ゲーム会社と同じく、エレクトロニック・アーツのような大手の下請けとして製品を開発していた。しかし激しい競争が携帯電話ゲームの価格を下落につながり、また小さなタッチスクリーン上でできることは限られている。そんななかアングリーバードの大成功と、その無愛想な鳥のキャラクターにカルト的な人気が集まったことで、ロビオはこのキャラを利用したマルチプラットフォームのブランドを立ち上げることを決意した。

 この数カ月で社員数が30人を超えたロビオは今、アングリーバードの新たな展開を模索している。フェースブックのようなネットワーキングサイトや、プレイステーションにXbox、Wiiなどのプラットフォームにも適応できるようにするのだ。

 加えて「収益化の拡大」も狙っている。ロビオはまず、しかめっ面をした鳥のぬいぐるみや洋服といったキャラクターグッズを売り出した。野望はさらに膨らみ、現在はアングリーバードのテレビドラマ化や映画化の可能性を探っている。テレビゲームではこれまでもあったが、携帯電話ゲームでは初の試みだ。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月