最新記事

鉄道ファンが語る「好きなとこ、嫌なとこ」

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

鉄道ファンが語る「好きなとこ、嫌なとこ」

オリバー・マイヤー(「日本鉄道友の会」メンバー)、アントニー・ロビンス(「日本鉄道友の会」日本エリアコーディネーター)

2010年5月21日(金)12時09分
森田優介(本誌記者)

尽きない情熱 暇を見つけては日本各地の鉄道を回るというロビンス(左)とマイヤー PETER BLAKELYーREDUX

「池袋が日本の第一印象だった」とオリバー・マイヤー(40)は言う。正確には「池袋駅」だ。電車が次々に入ってきて、すべてが満員----ドイツから初めて日本を訪れた20歳のマイヤーにとって、バスで成田空港から到着した池袋で見たプラットホームの光景は驚きだった。鉄道マニアではなかったが、彼はそれを機に日本人顔負けの「鉄ちゃん」に。今では日本の鉄道雑誌も読む。

 一方、83年から計20年以上も日本で暮らすアントニー・ロビンス(49)は、イギリスにいったん帰国した91年にロンドンで「日本鉄道友の会」に出合った。ヨーロッパを中心に240人の会員をもつ、日本の鉄道の愛好家の団体だ。

 名古屋近郊に住む2人は、共に愛知教育大学で教壇に立つが、イギリスやドイツから来日する鉄道マニアたちの「ツアーガイド」という顔ももつ。本誌・森田優介が愛知県の豊橋で話を聞いた。

----日本の鉄道をどう思う?

マイヤー 世界一ですね。日本にはJRも私鉄もある。ヨーロッパで私鉄といえば小規模な鉄道会社をイメージするけれど、東急はスイス国鉄より規模が大きい。鉄道会社も路線も駅もいろいろあって、とにかく見どころが多い。

ロビンス 地方の私鉄のなかには古い中古車両を使っている会社がある一方、この国には新幹線も走っている。この春(日本鉄道友の会の訪日ツアー参加者のなかに)ヨークシャー地方の鉄道関係者がいたんだが、彼は複雑な路線や乗客の多さに仰天していたよ。ある鉄道ファンがインドと比較してこう言った。インドの鉄道も興味深いが、旅行者には大変な国だ。物売りがしつこいし、清潔でない場所が多い。日本は清潔で、何事も信頼性がある。

マイヤー そう、その信頼性。それが日本の鉄道の二つ目の特徴だと思う。いつも時間に正確だからね、名鉄(名古屋鉄道)以外は(笑)。名鉄は毎朝2分遅れる。

ロビンス でもイギリスなら2分は遅れに入らないよ(笑)。

----駅員や乗務員については?

ロビンス 仕事に誇りをもっているね。乗客と駅員がお互いを尊重し合っている。イギリスでは鉄道が遅れたら、客は駅員をののしるし、駅員も対応が悪い。

マイヤー  それに、JR東海やJR東日本は人気のある就職先だ。ドイツの鉄道は人気がない。

----日本の鉄道マニアについてはどう思うか。

ロビンス 日本で鉄道ファンのイメージはオタクだと思うかもしれないけれど、それでもイギリスに比べたら彼らはラッキーだよ。イギリスではオタクすぎる趣味だとか批判されて、変質者扱いだ。

----日本と欧州の鉄道ファンの違いは何だろう?

マイヤー  日本のファンは写真重視で、イギリスは数字重視。ただ数字を書きとめるんだ、クレージーだと思うけれどね。

----数字って何の数字?

ロビンス 車両型式を示す番号だよ。珍しい型式の車両を見たらメモする。クレージーに思うかもしれないが、実は私も少し......(と後ろめたそうに言う彼の胸ポケットには、メモ帳が見える)。

----あなたは写真を撮る?

ロビンス ええ、撮りますよ。そういえば、写真のスタイルの違いは興味深い。

マイヤー  ああ、あれね。蒸気機関車を見に行ったときのことだけれど、日本人は下からなめ上げるように撮ったり、逆光でシルエットだけを撮ったりするんだ。(訪日ツアー参加者の)ドイツ人たちは初めてだから、正面や側面など標準的な写真を撮る。

ロビンス 鉄道が小さく写っているような風景写真も、日本人は好む。芸術的だが、そういう写真はイギリスでは珍しい。

----富士山を背景に手前に新幹線が小さく写っているような?

マイヤー  そうそう!

ロビンス もう一つ大事なことがある。イギリスには保存された鉄道が多く、スタッフの多くはボランティアだ。日本では、ある路線が閉鎖されても何もなされない。

マイヤー  日本の鉄道では、いつも歴史が軽視される。

----好きな鉄道はどこか。

マイヤー  景色でいえば、いちばん興味深いのはJR紀勢本線。片側には海、反対側には山で素晴らしい。日本は島国だから、とても日本的な路線だと思う。

ロビンス 特急列車のイメージが強い小田急線が好きですね。ロマンスカーはとてもスタイリッシュなデザインだ。鉄道にはスピードとスタイルが必要。あと、個人的には食堂車が欲しいけれど。

----駅弁は食べない?

ロビンス うーん、ときどきは。でも冷たい米は好きになれない。

マイヤー  弁当は興味深いよ。梅干しや魚が入っていてカラフルだし。でも冷たいのがねえ......。

[2008年10月15日号掲載]

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月