最新記事

ストリートファッション革命の伝道師

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

ストリートファッション革命の伝道師

キエルト・ドゥイツ(写真家、ジャーナリスト)

2010年5月21日(金)12時05分
佐野尚史

定点観測 路上で日本の若者たちのスナップ写真を撮り続けるドゥイツ JAPANESESTREETS.COM

 海外から日本のストリートファッションをチェックする人にとって、「ジャパニーズ・ストリーツ」は貴重な情報源だ。凝りに凝ったゴスロリからカジュアルなTシャツまで、1万5000点以上の写真を掲載。国外からのアクセスが9割を超えるため、文化的背景を含めた英語解説も添えている。

 02年に同サイトを始めたオランダ出身のキエルト・ドゥイツいわく、着物の布やジーンズなど和洋のミックスはもちろん、アニメキャラクターのイメージまで何でも取り入れてしまうところに「オリジナリティーを感じる」。彼お気に入りのブランド「タクヤエンジェル」がいい例だ。アニメのキャラクターのコスチュームを彷彿させる色やデザインに、着物の布や柄を取り入れている。

 学生やOLの着こなしでも、トップスの重ね着を楽しんだり、思いがけない色を組み合わせるところに「着物や浴衣の文化も感じる」とドゥイツは語る。「だから欧米では考えられない色や素材の組み合わせを軽々と着こなせる」

 82年に来日した当時、彼の目に映る日本の若者はちっともおしゃれではなかった。アイビースタイルなど外国のファッションに飛びついてばかりで、そんな姿はむしろ「日本人であることに恥じらいを感じているようにみえた」。

 それが変わったのは90年代半ばのこと。「欧米人に引け目を感じない若者が増えた。戦争から解放された彼らは、日本のいいところに目を向けるようになった」とドゥイツは言う。「この『静かな革命』をドキュメントしたいと思い、スナップ写真を撮りはじめた」

 原宿では売り上げの3〜5割を外国人客が担う店も出てきたとか。ドゥイツが感じた静かな革命は、新たな日本の「顔」になりつつある。

[2008年10月15日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

マスク氏、ビットコイン採掘のエネルギー消費は「常軌

ビジネス

物価押し上げ要因、根強く継続せず=英中銀総裁

ビジネス

コロニアル、フル稼働のもよう 週末までに正常化へ=

ビジネス

FRBの政策変更検討前に「数カ月のデータ」必要=ウ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 9

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 10

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月