最新記事

ストリートファッション革命の伝道師

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

ストリートファッション革命の伝道師

Kjeld Duits

キエルト・ドゥイツ(写真家、ジャーナリスト)

2010年5月21日(金)12時05分
佐野尚史

定点観測 路上で日本の若者たちのスナップ写真を撮り続けるドゥイツ JAPANESESTREETS.COM

 海外から日本のストリートファッションをチェックする人にとって、「ジャパニーズ・ストリーツ」は貴重な情報源だ。凝りに凝ったゴスロリからカジュアルなTシャツまで、1万5000点以上の写真を掲載。国外からのアクセスが9割を超えるため、文化的背景を含めた英語解説も添えている。

 02年に同サイトを始めたオランダ出身のキエルト・ドゥイツいわく、着物の布やジーンズなど和洋のミックスはもちろん、アニメキャラクターのイメージまで何でも取り入れてしまうところに「オリジナリティーを感じる」。彼お気に入りのブランド「タクヤエンジェル」がいい例だ。アニメのキャラクターのコスチュームを彷彿させる色やデザインに、着物の布や柄を取り入れている。

 学生やOLの着こなしでも、トップスの重ね着を楽しんだり、思いがけない色を組み合わせるところに「着物や浴衣の文化も感じる」とドゥイツは語る。「だから欧米では考えられない色や素材の組み合わせを軽々と着こなせる」

 82年に来日した当時、彼の目に映る日本の若者はちっともおしゃれではなかった。アイビースタイルなど外国のファッションに飛びついてばかりで、そんな姿はむしろ「日本人であることに恥じらいを感じているようにみえた」。

 それが変わったのは90年代半ばのこと。「欧米人に引け目を感じない若者が増えた。戦争から解放された彼らは、日本のいいところに目を向けるようになった」とドゥイツは言う。「この『静かな革命』をドキュメントしたいと思い、スナップ写真を撮りはじめた」

 原宿では売り上げの3〜5割を外国人客が担う店も出てきたとか。ドゥイツが感じた静かな革命は、新たな日本の「顔」になりつつある。

[2008年10月15日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、注目州のウィスコンシンとミネソタで

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放を拒否=弁護士

ビジネス

中国の成長目標、貿易戦争あっても確実に達成 債務抑

ワールド

マルタに難民救助船が寄港へ、EU5カ国が難民受け入

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月