最新記事

バルカン化する欧州の恐怖

岐路に立つEU

リスボン条約発効、EU大統領誕生で
政治も統合した「欧州国家」に
近づくのか

2009.10.23

ニューストピックス

バルカン化する欧州の恐怖

身勝手な欧米諸国の対応が、コソボやマケドニアの混乱を助長する

2009年10月23日(金)12時49分
デニス・マクシェーン(英労働党下院議員、元欧州担当相)

 バルカン半島を舞台とした悪夢が再びよみがえった。6月15日、コソボは国連から統治権を引き継ぎ、完全な独立を宣言する見通しだ。だが、NATO(北大西洋条約機構)はセルビア系住民が集中するコソボの北部地域に「治外法権」を暗に認めてしまっている。

 3月には北部ミトロビツァでセルビア政府から武器の提供を受けるセルビア系住民と、NATOや国連部隊との間に大規模な衝突が発生。国連部隊の1人が死亡し、多数の負傷者が出た。6月1日に行われた隣国マケドニアの総選挙では、選挙の不正に抗議する政治活動家に警官が発砲し、1人が死亡している。

 こうしたバルカン情勢に対して、欧米はまるで沈黙しているかのようだ。100年以上前、ドイツ帝国の初代宰相ビスマルクは「バルカン地域には、(ドイツ北部の)ポメラニア兵士1人分の命の価値もない」と言って、この地域に関与しなかった。現在のEU(欧州連合)やNATO、国連は意思や指導力がないためか、バルカン問題を見て見ぬふりをしている。ヨーロッパの一員としての未来よりバルカンの過去を重視する、セルビアでの愛国心の高まりも深刻な問題の一つだ。

 NATOは99年にはコソボ問題に介入した。2年後には、国家主義の高まりで生じたアルバニア系住民への敵対感情を懸念し、マケドニアに大規模な介入を断行。その年、NATOのジョージ・ロバートソン事務総長(当時)はEUの担当者とともに何度もマケドニアを訪問した。

 しかし現在、これらの国際機関はコソボを優先課題から除外し、地域の混乱を許している。ミトロビツァで発生した3月の衝突では、フランスから派遣された部隊が鎮圧に失敗。国連とフランス政府が協議する間、手をこまねいて見ていることしかできなかった。

 イギリスは02年、混乱収束を見越してコソボから軍を引き揚げたが、今になってイラク帰りの戦闘部隊を6カ月間コソボに派遣している。それでもセルビアは、イギリス兵がアフガニスタンで不足していることを見抜き、撤退を気長に待っている。

 コソボ問題を主導するEUの対応は、セルビアに対する国際圧力を弱めてもいる。EUはセルビアとの加盟準備交渉で、ボスニア紛争の戦犯で、セルビア人勢力を率い虐殺に関与したとされるラトコ・ムラジッチの国際戦犯法廷への引き渡し要求を取り下げた。

影響力を増すロシアに対抗できず

 さらに、ほとんどのEU諸国がコソボの独立を承認するなか、スペインやギリシャは、ロシアやセルビアと同じ反対派に回った。スペインは中南米諸国に新国家の承認拒否を求め、セルビアによる独立取り消しの動きに加担し、地域の永続的な平和を危うくしている。

 一方、アメリカはマケドニアにNATO加盟の扉を開くと約束したが、現政権が終わりに近づく今、外交的な影響力は限られている。国内に同じ地名をもつギリシャの反発もあり、マケドニアのNATO加盟の夢は絶望的だ。

 バルカン半島で影響力を増しているのは、常々この地域を自国の裏庭と考え、干渉を行ってきたロシアだ。ロシアはこの地に権力を及ぼすことで、国際舞台における自国の復活をアメリカやEUに認めさせようとしている。

 ルーブルが経済を支配しつつあるモンテネグロは、ほとんどロシアの植民地状態だ。ロシアは金とエネルギーをちらつかせて、バルカン全域に影響力を広げつつある。セルビアでもロシア寄りの勢力が拡大し、政府の親EU路線に対抗。国連もマルッティ・アハティサーリ前フィンランド大統領が提示した、少数派の保護を含むコソボの独立計画に対するロシアの拒否を許してしまった。

 バルカン半島は偏狭な国粋主義と規律のない経済、腐敗した政治、犯罪行為といったかつての姿へと逆行している。ビスマルクの時代なら、地域に混乱を招くだけの自業自得とすますこともできたが、現在はこれらの問題がヨーロッパ全体に拡大するおそれもある。EU諸国は、密売人や密輸業者、不正選挙や暴力組織に対する取り締まりをする代わりに、セルビア政府に譲歩し、バルカン半島の悪しき風習を復興させている。

 ブルガリアやキプロス、ギリシャ、スペインは、EUが推進するコソボ独立の承認を拒否。EUとNATOの加盟国は団結するどころか、ヨーロッパ全体の政策より自国の考えや利益を優先し、こぜりあいばかりしている。

 このことは、バルカンのヨーロッパ化ではなく、ヨーロッパのバルカン化という恐怖を私たちにもたらしている。

[2008年6月18日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監

ワールド

中国、日米共同声明に断固反対 台湾や香港は国内問題

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月