最新記事

岡部万里江(国連事務総長次席報道官)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

岡部万里江(国連事務総長次席報道官)

国連を陰で支える腕利きの女性報道官

2009年4月8日(水)17時57分
ジェニファー・バレット(ニューヨーク)

 岡部は1女1男の母にして、潘基文(バン・キムン)国連事務総長の次席報道官だ。過去6カ月の間にローマ法王に謁見したほか、潘とともにカタールとシリアを訪問。スーダンの紛争地帯ダルフールには、難民の現状を取材してもらおうとジャーナリストを送り込んだ。

 岡部の机には、92年に国連で働きはじめてから宿泊した世界各地のホテルのカードキーが、小さな山を作っている。机の後ろのボードにはアフリカの地図が3枚張られ、その上には「ガーナからこんにちは」の旗。この旗はシエラレオネを訪問した際、平和維持部隊からもらったものだ(アフリカ54カ国中30カ国を訪問)。

 壁には娘が描いた絵に交じり、スイスの世界経済フォーラムで女優アンジェリーナ・ジョリーと撮ったツーショットなどが飾られている。「仕事のおかげで面白い人に会えるし、世界を途方もない場所から見渡すことができる」と、岡部は言う。

 ニューヨークと東京で育った岡部は、英語と日本語のバイリンガル(基本的なフランス語もマスターしている)だ。大学院を出た後、アメリカと日本でUPI通信に勤務し、92年に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の広報部門に職を得てスイスに移住。ソマリアの砂漠やアフガニスタン国境地帯の難民キャンプを訪ねる日々が始まった。

 数年後、国連本部でUNHCRの上級連絡官を務めるため、家族とともにニューヨークに移った。99年には准報道官として国連事務総長の広報部門に入り、05年にコフィ・アナン事務総長の次席報道官に任命された。

歴史作りに関わる喜び

 今年、アナンの後を引き継いだ潘は報道官を刷新。だが国連の内部事情に詳しく、マスコミに通じた岡部は、そのまま次席報道官にとどまることになった。

 出張に飛び回っていないときの仕事は、毎朝5時半に始まる。自宅のパソコンでニュースをチェックし、事務総長が目を通しておくべき記事を選ぶ。本誌が取材した日は、コソボ自治州での爆発事件やビルマ(ミャンマー)の反政府デモのニュースをピックアップ。

 8時には選んだニュースを事務総長に送信し、9時15分までに出勤。事務総長の上級顧問やときには事務総長本人と打ち合わせをした後、昼の記者向けブリーフィングやプレスイベントの準備をする。ブリーフィング後、その内容を3時までに文書にまとめる。

 その合間に事務総長の外遊の準備などを行い、最新ニュースにも気を配る。「いつも何かしら仕事がある。同じような日は一日もない」と、岡部は言う。

 第62回国連総会を控えた9月、岡部らは週末も仕事に追われた。事務総長の会議や記者会見、70を超える国家元首との会合などの段取りをつけなければならない。

 総会が始まると、世界から2000人が集まるマスコミへの対応や通訳の手配に追われる。各国首脳に取材を希望する記者のため、警備担当者との折衝にもあたる。

 「すごい仕事に就いたと思う」と、岡部は語る。「歴史がつくられる現場を見守り、多少なりともそこにかかわれる私は、本当にラッキーな人間だ」

[2007年10月17日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米財務長官、英独財務相と電話会談 緊密な協力で一致

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ビジネス

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持 「回復ペース鈍化

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、米政府が競合へ製造

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月